• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,,,  09:00 PM

SNSやメール中毒にならないためにスマホからのアクセスを一時的にブロックする方法

SNSやメール中毒にならないためにスマホからのアクセスを一時的にブロックする方法

120131_Smartphone_01.jpg


仕事が終わって家に帰っても、メールをチェックしたりSNSをダラダラ見たり、何となくネットサーフィンしてパソコンの画面を眺め続けて、時間を無駄にしがち...。パソコンに一日中クギ付けなのは明らかに不健康です。しかし、こういった不健康な習慣を改めるのにも、パソコンとネットが役立ちます

 


最近の研究では、スマホがストレスの原因になることも明らかになりました。スマホを使えば簡単にネットにアクセスでき、SNSの情報や通知も常に受けることができるので、特にストレスになりやすいようです。

TwitterやFacebook、メールなどをマメにチェックするタイプの人は、1日のうちの決まった時間だけはそれらをシャットアウトしてみましょう。別に見ないようにするだけなので、どうしても我慢できなくなったらチェックしてもいいですが、シャットアウトしようという意識があれば、少なくとも時間や頻度は減るはずです。


■ルータでSNSとメールをブロックする

120214martphone1.jpg

夜ごはんを食べている間、ルータの段階でアクセスをブロックしてしまうのが一番試しやすい方法ではないでしょうか。夜ごはんの時間帯なら、そこまで問題もないと思います。電話をブロックしても、無線のネットワークに切り替えることができるので、そこまでする必要はないでしょう。この場合、ある一定の時間だけすぐにネットにアクセスできないようにするだけでいいです

まず最初にルータへアクセスします。通常ブラウザは、例えば「192.168.1.1」といったルータのIPを必要としていると思いますが、ルータによって異なるので、自分のルータのIPをチェックしてください。Windowsなら「アクセサリ>コマンドプロンプト」で「ipconfig」と入力して実行し、Macなら「システム環境設定>ネットワーク」の詳細から確認できます。わからない場合やIPアドレスが無効になっている場合は、ユーザーマニュアルやルータのガイドなどで確認してください。ユーザー名とパスワードを入力したら(繰り返しますが、このあたりの情報は人によって違うので、二度手間にならないようにマニュアルを参照してください)、ルータのセットアップメニューにアクセスします。

ほとんどのルータには、「アクセス再構築」といった似たような名前のタブがあります。1日のある一定時間だけWebサイトにアクセスをしないように、ルータを設定することが可能です。タブをクリックして、設定画面を見てください。ルータによって違うと思いますが、大事なところは同じです。筆者のルータ(Linksys)では、アクセスをブロックする方法にもいくつかの設定があり、それぞれ異なる手段や時間がかかります。

例えば筆者のルータの場合、「http://www.facebook.com」と「http://app.facebook.com(スマホのアプリからFacebookにつながるURL)」は午後5~8時の間、指定した日はアクセス不可にできます。また、「Edit List」をクリックすればブロックしたいIPアドレスを追加することも可能です。ほかの人とネットワークを共有していたり、すべてをブロックしたくない場合は、個別のMACアドレスを入力しましょう。MACアドレスとは「00:00:0000:00:00」といった英数字を組み合わせたもので、通常はスマホの設定メニューで調べることができます(iPhoneの場合は「Wi-Fiアドレス」)。設定が完了したら保存しましょう。これで、夜ご飯の時間帯にFacebookにアクセスすることはできなくなります。同じような設定をTwitterやメール、ブロックしたいサイトなどに適用すればOKです。

スマホのWi-Fiのオン・オフを切り替えてサイトを見ないようにする方法もありますが、この方法なら、Wi-Fiが使える間もサイトがブロックされ、「通知」を受けることもなくなります。完ぺきではないとしても、ネットを見る最初のきっかけになり得る「通知」を断ち切るようにしておいた方がいいです。


■スマホからネットへのアクセスをブロックする。

120131_Smartphone_03.jpg

スマホを家のWi-Fiネットワークにアクセスできないようにするのは、iOSでは少々面倒ですが、Androidでは簡単です。

Androidの場合

Androidでは、時間によってタスクを自動化することができます。『Tasker』を使う方法が一般的かもしれませんが、『AutomateIt』や『Llama』など、ほかの自動化アプリでも同様のことはキア脳です(Llamaの紹介記事はこちら)。好きなツールを使って、ネットへの入り口となるWi-Fiやモバイルデータの設定を切るようにしましょう。帰宅してすぐにメールを何度もチェックするなど、中毒な場合は、特定の場所をロックするようにも設定できます。


iOSの場合

Androidと違って、iOSは自動化できるオプションはそこまで多くはありません。上記のルータの方法が一番いいと思いますが、それでもダメな場合は、ホーム画面に「機内モード」へクイックアクセスするショートカットを追加することができます。「設定>通知」で、SNSアプリからの通知もシャットアウトすることが可能です。通知がなくてもアプリにアクセスすることはできますが、少なくとも何かある度に毎回チェックするようなことはなくなるでしょう。

最終手段としては、ペアレンタルコントロールを使って、すべてのアプリにアクセスできないように設定するという手もあります。これは、どんな方法をも意味をなさないものにしてしまうほど破壊力のあるやり方です。画面から一時的にアプリを除去して、使いたい時にはパスワードを要求するようになります。「意志が弱い」という自覚のある人は、iPhoneからアプリを削除して、PCからしかSNSにアクセスできないようにするしかないかもしれません。


スマホからネットにアクセスすると時間を無駄にしてしまう...という人は、このやり方で何かしらをブロックすれば、家で有意義な時間を過ごせるのはもちろん、ストレスも軽減できることでしょう。常にFacebookやメールをチェックしてしまうような中毒気味の人でなくても、1日のうち数時間(もしくは数日)、ネットから解放されるのはとてもいいことです

ブラウザでの時間の浪費をやめたい人は、「サイトの誘惑をバサッと断ち切るChromeの『StayFocusd』の設定と使用方法」を参考にしてみてください。これらの方法でブロックしても、本当に見たい時には見られるようにも設定はできます。ただ、確実にチェックする回数や頻度を減らすことはできるはずです。


Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.