• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   11:00 AM

捨てるかどうか迷った物は「とりあえず一定期間取っておく」という整理術

捨てるかどうか迷った物は「とりあえず一定期間取っておく」という整理術

120201_LostSocks.jpg


家を散らかすことほど簡単なことはありません。自分への言い訳は大体「これはいつか使うはず」で決まり。ブログ「Unclutterer」によると、物を捨てるか取っておくかの判断は、最近無くした靴下の片方のように考えるといいとか。つまり、ある一定時間取っておいて、それでも見つからなかったら捨てるという具合です。

 


Uncluttererには、無くした靴下の処遇について以下のようにありました。

無くなった靴下の片方が見つかることは、ほとんどありません。洗濯機の周りに小さなカゴでも置き、片方が無くなった靴下を入れて、もう片方が見つかったらすぐに照合できるようにしておきます。

片方だけの靴下が見つかったとしても、行方不明靴下置き場に何ヶ月も置いてある靴下の相方は、なかなか見つからないものです。行方不明靴下置き場に3ヶ月以上置いてある靴下は、ぞうきん代わりに使うか、ボロ布置き場に移動しましょう。

こんなことは分かりきったことだと思う人もいるでしょう。筆者もよく靴下を無くすらしく、同じことを勧めてきました。ただこのアイデアは、家の中に置いておく期限を決めるというのがポイントです

もう一度着るかもしれないシャツをチャリティとして寄付しようかと迷っているなら、とりあえず3ヶ月置いておいて、それでも着なかった場合にチャリティに出せばいいのです。食器棚がいっぱいになってしまったら、使わなくなった食器を数ヶ月別の場所に置いてから、それでも使わなかった時はリサイクルに出しましょう。

とてもシンプルなアイデアですが、何かを捨てるかどうか迷った時に「これは本当にもう一度使うのか?」と自問自答して悩むよりも、はるかに効率よく判断できます


Single socks and how they can help you learn to process what-if clutter | Unclutterer

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.