• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  12:00 PM

デキる大人の仕事術~静かな環境で仕事に集中しつつ、適度に休憩やコミュニケーションを取る方法

デキる大人の仕事術~静かな環境で仕事に集中しつつ、適度に休憩やコミュニケーションを取る方法

120209dekiruotona.jpg


いい仕事をするには、できるだけ気が散らないようにし、腰をすえてその仕事に集中しなければなりません。まわりに気が散る要素の多い人は、一日中それらをシャットアウトしなければならないでしょう。ですが、会議、同僚からのコミュニケーション、電話、昼休憩など、無視できないことはたくさんあります。そこで今回は、仕事に集中するために周囲をシャットアウトしつつも、適度に休憩したり、周囲と関わるようにリマインドを設定する「デキる大人の仕事術」をご紹介しましょう。

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


静かな環境を確保する

120125_stayforcused_02.jpg

まず最初に、周囲とは隔絶された状況を作りましょう。一昔前なら自分の仕事部屋のドアを閉めれば、ほかの仕事場の騒音から離れて集中できましたが、最近では仕事場に個室がある人の方が少ないと思います。仕事中にヘッドフォンをしてもいい環境であれば、ノイズキャンセリング機能のあるヘッドフォンをすれば、周囲の騒音や同僚の話し声などはシャットアウトできます。オープンタイプのオフィスやまわりが騒がしい場所で働いている人には、ヘッドフォンのノイズキャンセリング機能はかなり効果的です。モニタに集中できるよう、周囲が見えないように机の配置を変えるのも良いでしょう

ヘッドフォンだけでは足りない場合は、仕事が終わるまで本当に隔離する必要があります。納期に追い込まれていて「どうしても集中したい」という時は、会議室のような場所を一時的に借り切るようにしたり、しばらく一人で仕事ができるような場所を社内で見つけた方がいいでしょう。さすがに何日間も続けてはできないかもしれませんが、特に仕事を集中してこなさなければならない日や、会議室がほとんど使われない日などは、自分のデスクや気の散る環境から離れて、静かな場所で仕事をしましょう。自宅が集中できる環境なら(そうじゃない人もいるでしょうが)、本当に集中したい日は自宅作業に切り替えるというのもいいと思います。

Photo by Adam.


時間を区切って休みを取るために、邪魔にならないアラートを設定する

120125_stayforcused_03.jpg

自分のデスクでヘッドフォンをするにしろ、会議室などの静かな場所を陣取るにしろ、集中できる環境を手に入れたら(少なくとも気が散る要素を減らすことができたら)、今度は現実世界に戻ることも忘れないようにしなければなりません

朝決まった時間に家を出るのに、朝用のプレイリストを作るといいというハックをご紹介したことがありますが、それと同じ方法を仕事にも応用すると、決まった時間だけ集中できます。会議室で1時間だけ集中したいという場合は、好きな曲できっちり1時間のプレイリストを作って、それを流しながら仕事をしましょう。仕事のスケジュールをきちんと守って仕事をしていれば、同僚も放っておいてくれますし、集中して仕事をしている時は邪魔しないように会議のアポを取るようにしてくれるはずです。プレイリストが終わったら、荷物をまとめて会議室を出て昼食を取るなど、少なくともちょっとした休憩は取るようにしてください

隔絶した環境の時間を区切って、現実に戻る時間を知らせるもっと自然なリマインダーとしては、適量の水を入れたボトル横に置いておいて、それが無くなったら水を補充するために休憩を取るという方法もあります。数時間おきに水をきちんと摂って、水分補給するタイミングをリマインダとして利用するハックの応用です。ボトルに何か目印を付けたり、適量の水を入れておいて、そこまで飲んだら休憩を取るようにしてください。きちんと水分を摂っていれば、自然なリマインダとして機能します。水よりも短い時間を設定したい場合は、ポットに入れたお茶などを飲むようにし、温めなおしたいと思ったら休憩を取る、というのもいいです。ポットのお湯が沸いて、お茶が入るまでの時間休めば、ちょうどいい休憩になると思います。

これらはほんの一例で、目的は集中した仕事の時間を区切って、昼食や休憩を取って、そのあとまた仕事に集中できるようにすることです。自分にあった方法で、自然と気づくようなアラートを設定してください。

Photo by Jeremy McWilliams.


必要に応じてアサーティブなアラートをいくつか用意する

120209dekiruotonaalert.jpg

アサーティブな(控えめだけれど主張のある)アラートがあるなら、それも使った方がいいでしょう。25分毎に時間を区切って仕事をする「ポモドーロ・テクニック」をはじめ、生産性向上テクニックはこれまでもたくさんご紹介してきましたので、そちらを参考にしてみてください。

やんわりとしたアラートではどうもきちんと休憩を取れないという人には、普通のタイマーやアラートなど、もう少しビシッとしたものの方がいいかもしれません。タイマーやアラートをセットしても、それまでに仕事を終わらせなければならない...というようなプレッシャーを感じる必要はありません。アラートは、あくまでも仕事に閉じこもってしまわないように適切な休憩を取って、生産性を保つためのものです

プレイリストで時間を区切ったり、水分補給をする方法以外のリマインダとしては、昔ながらのデスクトップのアラートを使うのもアリです。カレンダーに会議などの予定を入れて、そのアラートが鳴ったら仕事を終えるというのは、とてもいいリマインダになります。一度に複数のタイマーがセットできる『WatchMe』や、休憩しようという気にさせる『Breaker』などのアプリが便利。Macユーザーなら、以前ご紹介した休憩時間になると画面が暗くなる『Coffee Break』がおすすめです。

Photo by Thinkstock/Getty Images.


仕事を一つに絞って、気が散る環境から離れて集中するというのは、それ以外の世界や現実を忘れ去らなければならない、ということではありません。集中して仕事がしたい時でも、社会人としての基本である、会議に参加すること、昼食をきちんと取ること、同僚とコミュニケーションを取ることなどは、忘れないようにしてください。その上で、生産性と成果を上げることが「デキる大人」というものです。


Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.