• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,,,,,  09:00 PM

ブラウザスタートページ対決! 米Lifehackerのオススメスタートページを一挙紹介

ブラウザスタートページ対決! 米Lifehackerのオススメスタートページを一挙紹介

120207-startpage.jpg


Chromeの「新しいタブ」ページはなかなか良いですが、ほとんどカスタマイズできず、ルックスも素晴らしいとは言えません。そこでこちらでは、ブラウザのスタートページをもっと便利かつ美しくするツールをご紹介。

以下では、ブラウザエクステンションとWebサービスの両方をご紹介します。エクテンションはブラウザとの統合性が高く、「新しいタブ」上でポップアップ画面を表示したりすることが可能です。一方、WEBサービスでは複数のPCからスタートページを共有することができます。

Title image remixed from an original by cobalt88.

 


■Chrome

120216startpage2.jpg

Chromeには様々なタイプの「新しいタブ」ページのエクステンションが用意されています。多くはChromeオリジナルの「Speed Dial」がベースです。米Lifehacker一番のオススメは「Speed Dial 2」。オリジナルの良いところを引き継ぎながら、多くの設定オプションが追加されています。

Speed Dial 2

Speed Dial 2では、スタートページにお気に入りのサイトのサムネイルを追加できます。サムネイルにはロゴ画像を設定できますが、人気サイトのロゴはあらかじめ用意されているので、そこから選択すればOKです。自作のロゴを設定することもでき、ロゴを設定していない場合はサイトのプレビューを表示してくれます。また、ページの右サイドにマウスを持っていくとサイドバーが現れ、「ブックマーク」や「最近閉じたタブ」を一覧表示することが可能です。

Speed Dial 2の真骨頂は、設定オプションの豊富さ。カラム数からサムネイルの間隔、サムネイルの角の丸さなど、ルックスに関するあらゆることがカスタマイズできます。スタートページを思い通りのルックスへ仕上げたい方にオススメです


その他

ルックスよりも他のことが優先という人や、もっと作り込む楽しみを味わいたいという人には、次のようなツールもあります。

Speed Dial」(オリジナル)はSpeed Dial 2と見た目は似ていますが、機能面では見劣りします。ただし、シンプルな方がいい人には良いツールですし、Speed Dial 2と違い、サイドバーではなくメインページに「ブックマーク」や「最近閉じたタブ」を表示できます

EverTab」は様々なカスタマイズが可能な最新のエクステンションです。見た目は他のツールと多少違いますが、他にはない大きな利点があります。Chromeの内部ページにアクセスできることです。「新しいタブ」ページから、エクステンション、アプリ、履歴、フラグ、その他Chromeの各種設定ページにアクセスできます。これは大変便利。Speed DialやSpeed Dial 2ほどとっつきやすくはありませんが、この機能だけでも試してみる価値があります。

Start!」は知名度こそありませんが、なかなか優れたエクステンションです。「新しいタブ」のメインページにたくさんのサムネイルを追加でき、Chromeアプリにもアクセスできます。また、背景画像も自由に選ぶことも可能です。そして、このツールの最大の特徴は、RSSフィードを追加できること。こちらもとっつきやすいとは言えませんが、作り込むのを楽みたい人にはオススメです。

最後に、WindowsのメトロUIが好きな人には「Awesome New Tab Page」があります。スタートページに各種設定へのショートカットや、ノート、時計、天気など様々なウェジェットを追加が可能。現在はまだデベロッパープレビュー版ですが新しいタブページからいろいろなショートカットへ飛ぶたい人にはおススメのツールです。



■Firefox

120216startpage3.jpg

FirefoxにはChromeほど多彩ではないものの、試してみる価値のあるエクステンションがたくさんあります。一番のオススメは、見た目も素晴らしく機能も豊富な「FVD Speed Dial」です。

FVD Speed Dial

FVD Speed Dialは、自分で作り込んでいくツールです。ショートカットを追加してサイトのプレビューを表示させたり、自作ロゴを表示させたりしてスタートページを自分流に作り込んでいくことができます。人気サイトのロゴはあらかじめ登録されおり、様々な種類から好きなものを選ぶことも可能。とにかく、おしゃれでかっこいいスタートページを作りたい人にはうってつけのツールです

また、非常にたくさんのオプション設定ができ、背景画像や色の設定はもちろんのこと、検索バー、よく行くサイト、最近閉じたタブなどの追加や削除が自由に行えます。Chromeのエクステンションほどシンプルではありませんが、自分の好きなようにとことんカスタマイズできるのが魅力です。


その他

New Tab King」はFirefoxの最も人気のあるスタートページ・エクステンションの一つです。折りたたみ式サイドバーに最近閉じたタブやブックマーク、ToDoリストなどを表示できるだけでなく、様々なタイプのビューもあります。唯一の問題点は、初心者には少し敷居が高いこと。しかし、ありとあらゆる設定オプションがあるので、カスタマイズ好きにはたまらないツールです

Super Start」も非常に人気のあるエクステンションで、ルックスを損なうことなく、New Tab Kingのような便利な機能も備えています。基本的には、従来型のサムネイル式スタートページですが、右サイドバーにToDoリストやメモなどを表示することが可能です。また、最近閉じたタブやブックマークなどを表示する便利なボタンもあります。

最後に、「Fast Dial」は超シンプルなツールです。最初はスタートページに9つの大きなサムネイルがあるだけですが、そこにお気に入りサイトを追加していくことができ、サイトのロゴを登録したり、ページ全体のテーマを設定することが可能。また、「userlogos.org」からFast Dial用にユーザーが作成したロゴやテーマをダウンロードすることもできます。



■クロスブラウザー

120216startpage4.jpg

これらのツールはブラウザエクステンションではなく、WEBサイトだったり、ローカルマシンに保存するWEBページだったりします。基本的にはあらゆるブラウザに対応です(もちろんFirefoxやChromeにも)。

Myfav.es

エクステンションのようにブラウザとの統合機能こそありませんが、「Myfav.es」は様々なカスタマイズが行える素晴らしいスタートページを提供しています。ルックスが非常に洗練されており、かっこ悪いページを作ることは困難なほどです

たくさんの人気サイトがあらかじめ登録されており、ワンクリックでスタートページに追加できます。もちろん、カスタムアイコンや背景も豊富に選ぶことが可能です。また、クロスブラウザ対応なので、複数のPCから同じスタートページにアクセスできます。キャッシュ機能も充実しており、新しいタブを開いたときもタイムラグがありません。


その他

Symbaloo」は、Myfav.esによく似ていますが、たくさんのタイル(サムネイル)を並べたスタートページを作るのに向いています。タイルは自分で作成したり、カスタマイズすることも可能です。さらに、自作のタイルを共有し合うコミュニティーもあるので、そこから気に入ったものを借りてきて使うことができます。ありとあらゆる種類のタイルが登録されているので、よほど特殊なタイルでない限り、ほとんど自分で作る必要はないでしょう。

Eight」は、ローカルPCにスタートページをダウンロードして使うツールです。WindowsのメトロUIをベースにした、とてもシンプルで美しいスタートページがあらかじめ用意されています。また、少し手間をかけて自分で画像をダウンロードしたり、HTMLをいじれば、スタートページを自分の好きなようにカスタマイズしていくことも可能です。


プログラミングができる方なら、スタートページを自作するのもいいでしょう。自作に挑戦したい人は「DeviantART」あたりをチェックすれば、いろいろと参考になるでしょう。

他にも、ニュースフィード中心のスタートページを提供する「Netvibes」など、ここでは紹介しきれなかったものはたくさんありますが、もしChromeやFirefoxで使える見た目が素晴らしく、カスタマイズも可能なスタートページを探しているのなら、この記事で紹介したツールの中にきっとお気に入りが見つかると思います。


Whitson Gordon(原文/訳:伊藤貴之)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.