• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,,,,,,,,,,  09:00 PM

快適な音楽ライフを送るには「AirPlay」と『AirFoil』で決まり!

快適な音楽ライフを送るには「AirPlay」と『AirFoil』で決まり!

120207airplayairfoil.jpg


こんばんは。常に音楽ネタと旅ネタでライフハックを探し続ける、編集委員の早川大地です。

ライフハッカー読者のみなさまの中にも、Apple TVやAirmac Expressなどを通じて「AirPlay」を利用中の方も多いのではないでしょうか。邪魔なオーディオケーブルがなくなってスッキリ! しかも音質そのまま! この快適さはやみつきです。

Apple TVやAirmac Expressなどは外部出力にスピーカーをつなぐタイプのものですが、最近はスピーカー自体にAirplayを搭載したモデルもだいぶ出揃ってきたようです

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 


僕も遅ればせながらなのですが、最近AirPlay対応スピーカーを導入してみました。安くても2万円~という比較的高価なモデルが多いですが、今回候補にしたのは、


の3モデル。どれも2~3万前後と、AirPlay対応のスピーカーにしては比較的入手しやすい値段のものを選びました。もともと小型持ち運びスピーカーの『JBL On tour』を愛用していることもあり、JBLのものにも惹かれたのですが、たまたま並行輸入で安く買えたので、結局Philips AD7000Wを購入しました。


hayakawa_DA7000W


思ったよりも小型なボディながら、僕好みの固めの低音がなかなか悪くありません。フィリップスらしい解像度の高さも健在で、写真の後ろに見える「KRK V4」とくらべても、遜色ないサウンドです。

当初はこれでiTunesから音源を再生して楽しんでいたのですが、いまのところAirPlayはiTunesのみ対応。これではやっぱりちょっと物足りない。そこで『AirFoil』というアプリケーションを導入してみました。これを使えば、iTunes以外のソフトでもAirPlay再生ができます。価格はシェアウェアで25ドル、円高の今なら2000円くらいとお手ごろです

これならば、iTunes以外にもYouTubeやUstream 、『GOM PLAYER』などの音声をAirPlayで飛ばすことができてヒジョーに快適です。しかし、Skypeはどうやら対応していないようでした。また、私の愛用する音楽制作用シーケンサーソフト『steinberg Cubase』、『ableton Live』なども試してみたのですが、これらも同じくダメなようでした(ASIOドライバだとだめかな?)。


hayakawa_Airfoil.PNG


今のところ気になる点としては...

  • 再生がちょっと遅れる...。正直動画とのシンクロは厳しい
  • スピーカーを切り替える際、いったん対応のアプリ(ブラウザなど)を再起動する必要がある


などがあります。このあたりの使い勝手がもうちょっと改善するとうれしいところですが、今のところ仕様が公開されていないAirPlayだけに、ほかに同じことのできるソフトは見当たりません。そういう意味でも貴重な存在です。

AirPlayとAirFoil、快適音楽ライフのためにぜひ試してみてくださいね。


ライフハッカー[日本版]編集委員・早川大地)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.