• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,  08:00 PM

WindowsとMacでパソコンの起動音をミュートする方法

WindowsとMacでパソコンの起動音をミュートする方法

120110_mute_01.jpg


夜中家族が寝静まった後で...。授業中にこっそりと...。静かに音もなくパソコンを起動したい時があると思います。そういうシチュエーションでパソコンを起動すると、実際以上に起動音が大きく鳴ったような気がするものです。そこで今回は、音もなくパソコンを起動するために、パソコンの起動音をミュートする方法をご紹介しましょう。

Image remixed from an original by Kathy Gold/Shutterstock.

 


■Windowsの起動音をミュート、もしくは変更する方法

120110_mute_02.jpg※ クリックで拡大

ありがたいことに、Windowsにはシステムの起動音を変更する簡単な方法がいくつかあります。変更する手順は以下の通りです。

  1. スタートメニューをクリックし、コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」を開きます。
  2. 「システムが出す音の変更」を選んで、「サウンド」の設定画面を開きます。
  3. 「Windows スタートアップのサウンドを再生する」のチェックボックスのチェックをはずせばOKです。これで、起動してログインする時、起動音が鳴りません。


また、「プログラムイベント」の中の「Windowsのログイン」を選び、サウンドのドロップダウンメニューから何か違う音を選べば、起動音を変更することもできます。初期設定の起動音から別の起動音にしたい場合には、ここから変更しましょう。


■Mac OS Xの起動音をミュートする方法

120110_mute_03.jpg※ クリックで拡大

Mac OS Xの起動音は、人によって好みが分かれる音にも関わらず、ミュートするのは少々面倒です。こちらでは、Mac系のサイト「Cult of Mac」や、Mac本『Mac Kung Fu』に載っている、起動音をミュートにする方法をご紹介しましょう。ターミナルを使わなければいけませんが、うまくいけば自動的にシャットダウンする時は無音にし、再起動する時にはミュートを解除できます。

  1. 「アプリケーション>ユーティリティ」から「ターミナル.app」を開き、「nano」と入力してenterキーを押します。
  2. nanoの編集画面が出てきたら、以下の文字列を入力します。

    #!/bin/bash osascript -e 'set volume with output muted'
  3. 「Ctrl+O」キーを押し、ファイル名を聞かれたら「~/Documents/mute.sh」と入力します。「enter」キーを押してファイルを保存。このミュートスクリプトはドキュメントフォルダに保存されます(後でそのフォルダにいくのでご心配なく)。
  4. 次に別のスクリプトを作成します。先ほどのスクリプトとは、2行目の「with」が「without」になっているところが違います。

    #!/bin/bash osascript -e 'set volume without output muted'
  5. 「Ctrl+X」キーを押し、「Y」キーで承認。ファイル名を聞かれたら「~/Documents/unmute.sh」と入力しましょう。「enter」キーを押して新しいファイルを保存すると、nano画面が終了します。
  6. ターミナルで以下のコマンドを実行し、それぞれの行で「enter」キーを押します。

    sudo chmod u+x ~/Documents/mute.sh sudo chmod u+x ~/Documents/unmute.sh sudo mv ~/Documents/mute.sh /Library/Scripts/ sudo mv ~/Documents/unmute.sh /Library/Scripts/ sudo defaults write com.apple.loginwindow LogoutHook /Library/Scripts/mute.sh sudo defaults write com.apple.loginwindow LoginHook /Library/Scripts/unmute.sh
  7. ターミナルを終了し、パソコンを再起動しましょう。


最後のターミナルで入力したコマンドは、ミュートとミュート解除を実行するスクリプトなので、ライブラリフォルダに移動して、ログインやログアウトする時に実行しましょう。再起動した時には起動音が鳴らなくなり、その後もその設定が続くはずです。

AppleScriptはミュートのシンタックス(構文)に変更されているので、OS Xは最新版にアップデートしてあることを確認してください。古いバージョンのOS Xで実行すると、ミュート解除のスクリプトが音を鳴らさない設定ではなく、音を鳴らす設定になっています。

上記の設定を解除するには、以下の2つのコマンドをターミナルで実行するだけで大丈夫です。

sudo defaults delete com.apple.loginwindow LogoutHook sudo defaults delete com.apple.loginwindow LoginHook


これでもう、真夜中のリビングルームでも、静かな教室でも、場違いな音を鳴らして誰かに迷惑を掛けることはありません。いつでも安心してパソコンの起動ボタンを押してください。


Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.