• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  11:00 AM

自動スクロール歌詞表示アプリ『プチリリ』で、自分の生まれた年&最新ヒットチャートを比較してみる

Sponsored


当たり前ですが、歌を聴いただけでは歌詞を覚えることはできません。カラオケでは歌詞が出るとはいえ、あらかじめ練習しておかないとなかなか持ち歌にはならないものです。1曲くらいは歌えたほうがいいのかな...と思いながら通勤電車に乗って聴いて練習しようと思っても、iTunesで落とした音楽には歌詞がついてきません。毎度「歌詞検索サイト」で探すのも面倒なので、必然的に歌詞表示アプリが欲しくなります

歌詞表示アプリで有名なものといえば『Lyrica』や『Tune wiki』などがあります。ですが、なかでもカラオケ風に歌詞を自動スクロールしてくれるプチリリ』というアプリが面白いので、ここで取り上げてみようと思います。

 


120203petitlyrics7.jpg
※マウスオーバーでヨコにした時とタテにした時の様子がわかります


このアプリは、起動するだけで自分のiPodに入っている曲の歌詞を自動で取得してくれます。歌詞が見つからない場合は、以下の3つの方法で探せます。

  1. 手動検索
  2. 歌詞リクエスト
  3. かしこみを利用(後述)


自分のiPodに入っている曲はほとんど対応していました。私が愛して止まないとんねるずの『雨の西麻布』や、原由子の『花咲く旅路』といった、やや通好みの曲まで対応しています。プレスリリースによると約20万曲に対応しているとのこと。もちろん洋楽にも対応してますよ。

さて、このアプリがどれだけの曲が対応しているのかを検証すべく、ここからは実際にいくつかの曲で再生してみます。最新曲に対応しているのは当たり前ということで、『速報! 歌の大辞テン(日本テレビ放送網)』風に、自分の生まれた1985年と最新(2012年1月16日~2012年01月22日)を比較してみましょう。はたしてこのアプリは27年間のギャップをカバーできるのか? さっそくですが、両時代のトップ3を交互に発表していきます。


■1985年の3位 「恋におちて Fall in love」(小林明子)

120207petitlyrics1.jpg
※ テロップの行数も変更可能

1985年の第3位は、バラードとして多くの歌手にカバーされたこの曲。特に徳永英明のカバーは第58回紅白歌合戦(07年)にて披露されたので、聞き覚えのある方も多いのではないかと思います。

この曲を上席の宴会で歌うとお姉さん世代に評判が良かったので、この歌はある意味ライフハック曲かと。「ダイヤル回して」の箇所で、実際に回す動作をするのがコツです。

ちなみに母親がよく歌っていたのを覚えています。母親が金曜日の妻だったかは謎です。


■最新チャートの3位 イエス(Acid Black Cherry)

120207petitlyrics2.jpg

最新チャート第3位は、2012年1月18日リリース、Acid Black Cherryの『イエス』です。私はこの人のことは知らなかったのですが、公式Twitter、Facebook、ブログ、YouTubeチャンネルなどを開設して積極的にPRしているようです。Wikipediaによると、DAIGOのニコニコ動画にも出ていたとか。

はじめ聴いたとき、なぜタイトルがイエスなのか疑問でしたが、曲を最後まで聞くと「ああ、そういうことか」と納得。Acid Black Cherry、覚えておきます。


■1985年の2位 ミ・アモーレ[Meu amor é...](中森明菜)

120207petitlyrics3.jpg

85年の第2位は、歌姫伝説でお馴染み中森明菜のヒット曲。第27回日本レコード大賞に輝き、第36回NHK紅白歌合戦でも披露されました。CR中森明菜の常連の方なら本曲に聞き覚えのある方もいるのではないかと思います。

私は「中森明菜は美魔女」説を提唱する隠れ明菜ファンだったりします。『DESIRE 情熱』や『飾りじゃないのよ涙は』もiPodに入れてます。後者は井上陽水が楽曲提供したものですが、明菜さんが歌うとやはり心に響きますね。


■最新チャートの2位 MAMORE!!!(アイドリング!!!)

120207petitlyrics4.jpg

最新の第2位は、アイドリング!!!の最新曲。『奇跡体験! アンビリバボー』のエンディングテーマです。

アイドリングはフジテレビ721(現・フジテレビワンツーネクスト)で生まれたアイドルという印象があり、どちらかというとSUPER☆GiRLS派な私にとってはあまりエピソードはありませんが、オリコン週間2位というのは熱い。今後の売れ線になるかもしれないので今後は注視しようと思います。


■1985年の1位 ジュリアに傷心(チェッカーズ)

120207petitlyrics5.jpg

チェッカーズといえば『ギザギザハートの子守唄』、『星屑のステージ』、『あの娘とスキャンダル』などが有名ですが、チェッカーズ最大のヒット曲といえばこの『ジュリアに傷心(ハートブレイク)』でしょう。藤井フミヤファンなら絶対に押さえておくべきです。ブルボンの食玩シリーズでCD付きお菓子が発売されていた際、このジュリアに傷心が入っていたのを覚えています。

この歌とは関係ないですが、菅直人の持ち歌が「ギザギザハートの子守唄」だという記事を、朝日新聞で読んだことがあります。藤井フミヤは政界までもファンを持つのです。


■最新チャートの1位 グッドラック(BUMP OF CHICKEN)

120207petitlyrics6.jpg

ということで、最新1位はBUMP OF CHICKENの『グッドラック』でした。2012年1月21日公開の映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の主題歌です。私は『天体観測』世代ですが、友達数人でカラオケに行くと誰かが歌うことが多かった気がします。

バンプという言葉をよく耳にはしてましたが、実際のところ彼らのことはよく知らなかったので調べてみました。トイズファクトリー所属のようで、ミスチル好きの私としては胸熱。願わくばミスチルとコラボして欲しいです。


なぜか自分の生まれた年の曲の方を熱く語ってしまいましたが、このように新旧問わず対応しているのは嬉しい限り。ここにある以外にも、私のiPodに入っていた『わがままジュリエット(BOØWY)』、『夏の日の1993(class)』、『dan dan 心魅かれてく(FIELD OF VIEW)』などにも対応し、そのオールラウンドぶりを発揮していました

この膨大な歌詞データを支えるのは、「かしこみ」というユーザー投稿型同期歌詞コミュニティサイト。これは一般会員や各レコード会社、ディストリビューターなどが歌詞を投稿できるサービスで、多くの歌詞が集まっています。自分の持っている歌でプチリリに表示されないものがあれば、ここから投稿してほかのユーザーとシェアしましょう。なお、投稿できる歌詞は運営会社「シンクパワー」が許諾を得ている音楽著作権管理事業者(JASRACなど)が管理する作品と投稿者自身の作品、および著作権者から使用の許可を得ている作品に限られるとのこと(詳しくはこちら)。


この対応曲の多さに加え、横に傾けるとスライドショー表示してくれる設計。

120206petitlyrics9.jpg

これでアプリが無料(歌詞表示も無料)ということなので、音楽をよく聴く人は自分のiPhoneに忍ばせておくのも良いかと。ちなみにAndroid版もありますので、Androidユーザーの方もぜひ試してみてはいかがでしょうか。


プチリリ(iOS版Android版

(安齋慎平)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.