• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  07:00 PM

飛行機の中で騒ぐ子どもをおとなしくさせるには、小声でひそひそと話しかけるといい

飛行機の中で騒ぐ子どもをおとなしくさせるには、小声でひそひそと話しかけるといい

111221_aireplane.jpg


家族で飛行機に乗って旅行するのは、かなりのストレスになることもあります。ましてや、小さな子どもがいるとなおさら。飛行機に他に誰も乗っていなければ、子どもが騒いでも問題ないですが、もちろんそんなケースはほとんどありません。

The Daily Traveler」によると、このような状況で周囲の怒りを買わないように子どもをおとなしくさせるには、子どもの気を紛らわすために、いくつか質問を小声で投げかけると良いとのこと。こうすると、子どもは「静かにして質問にも答えなければならない」という気分になるのだそうです。

 


小声でヒソヒソ話すと、話し相手も同じような声のトーンで話すようになるのは自然なことで、子どもに「秘密を知りたい?」と何度も小声で繰り返して尋ねれば、最終的に子どもはおとなしくなって「秘密って何?」と聞くでしょう。子どもが静かになってくれたら、何か答えてあげてください。大事なのは「静かになってから話す」ということです

The Daily Travelerには、長時間のフライト中にうるさい子どもをおとなしくさせる方法が他にもいくつか載っていました。例えば、ずっと子どもの相手をするとか、家では触っちゃいけないと言われているようなスマホやカメラなどで遊ばせる(結局は隣に座っている間中ずっと子どもを監視することになりますが)といった方法です。いずれも声のボリュームをコントロールできない子どもを静かにさせる、ユニークな方法ですね。

いかなる場合でも飛行機の乗客にとって一番大事なことは、手に負えないような子どもをできるだけ静かに、おとなしくさせること。お子さんのいる方は、一緒に飛行機に乗る際、どのようなことに注意していますか? 何かいい方法があれば、ぜひコメント欄で教えてください。


Tips for Handling an In-Flight Meltdown | The Daily Traveler

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.