• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  10:00 AM

米Lifehacker読者に人気のビデオ編集ツールTOP5

米Lifehacker読者に人気のビデオ編集ツールTOP5

111205_VideoEditor_01.jpg


家族や友だちに贈るホームビデオを編集したり、YouTubeにビデオをアップしたりするな場合、ちゃんとした編集ツールを使いたいですよね。そこで今回は、米Lifehacker読者に人気のビデオ編集ツールTOP5をご紹介しましょう。

 


iMovie(Mac OS)

111205_VideoEditor_02.jpg

Appleの末端コンシューマー向けビデオ編集ツール『iMovie』は誰にでも入手でき、使いやすいです。ビデオクリップの分割がスワイプで可能。つまり、機能のビデオ編集技術が高いので、驚くほど簡単に使え、すばらしい見栄えのビデオが作成できます

ドラッグ&ドロップで簡単なエフェクトをかけたり、音をつけたりすることも可能です。編集後、しっかり確認してからDVDに焼いたり、YouTubeにアップロードしたり、HDで保存したりするようにしましょう。

iMovieは『iLife』のアプリの一つで、すべてのMacに同梱されています。iLifeパックを持っていない方は、4,800円で購入可能です。


Sony Vegas Pro(Windows)

111205_VideoEditor_03.jpg

『Sony Vegas Pro』ははっきり言って高いです。78,000円(パッケージだと87,000円)もします。しかし、値段が高いだけあり、『Windows Movie Maker』やそれ以上のレベルのツールでビデオを編集したかと思うようなプロ並みの機能が搭載されています。

Vegas Proでは、標準(もしくは高解像度)のビデオだけでなく、3Dビデオの編集、ブルーレイディスクのオーサリングも行えます。マルチカメラのビデオ編集や多種多様なビデオフォーマットにも対応。ドラッグ&ドロップで編集可能なプロレベルの音声編集ツールです。


Final Cut Pro(Mac OS)

111205_VideoEditor_04.jpg

最新バージョンの『Final Cut Pro X』が好きな方でも、変更前のクラシックバージョンが好きな方でも、長年『Final Cut Pro』はビデオ編集の必需品でした。わかりやすいインターフェイスと強力な編集機能のおかげで、ビデオ編集ツールとしてはコンシューマーレベルとプロレベルの中間に位置しているといえます

Final Cut Proは、オーディオとビデオの幅広いファイルフォーマットに対応しており、すべてのオーディオとビデオトラックが一度に見られる編集画面や、ビデオとオーディオクリップが全部見られるメディア管理画面、総合的なクリップマネージャなど、あらゆる機能を搭載。解像度も標準からHDまで、すべてのものに対応しています。肝心のお値段ですが、さすがに安くはなく、26,000円です。


AVID(Windows/Mac OS)

111205_VideoEditor_05.jpg

『AVID Media Composer』は、プロレベルのビデオ編集ツールで、大きな映画制作会社で使われたり、ミュージックビデオやTV番組、CMなどの映像全般の制作に使われてきました。一方『AVID Studio』は家庭用、もしくは「玄人はだし」のアマチュア向けバージョンです。AVID Studioは169.99米ドル、AVID Media Composerは2,499米ドル(20万円)とかなり高価。どちらも便利ですが、目的によってどちらを買えばいいかは変わってきます

後者はホームビデオや自主制作映画を作りたいユーザーに最適です(AVID Media Composerのツールセットにある機能もいくつかありますが)。自主制作映画でも、できるだけプロレベルに仕上げたいのであれば、総合的なメディア管理・編集ツールが必要です。一方、前者はプロの映像編集プロダクションが使うようなビデオとオーディオ編集ツールです。このシリーズのすべての機能が揃います。


Adobe Premiere Pro(Windows/Mac OS)

111205_VideoEditor_06.jpg

『Adobe Premiere Pro』は、デザインとメディアアプリの『Adobe Creative Suite』の一部ですが、『Adobe Premiere Elements』 という単独のアプリは14,490円で、Adobe Premiere Proは98,175 円です。

Premiere Proは、多くの人にとって標準的なビデオ編集ツールで、他のAdobe製品と統合されており、ビデオ編集ソフトに望む以上のことができます。元々のファイル形式での編集(もちろん大量のビデオ、画像、音声ファイルに対応しているので変換不要)、3Dビデオの編集、自動カラー・イメージ補正、マルチカメラ編集なども可能です。ビデオコレクションからマッシュアップして、自分のオリジナルビデオを作ったりするのが好きな人たちに人気があります。自分で撮ったビデオを編集する時は、エフェクトをかけるツールとして利用可能です。


他にも、ここに挙がっていないビデオ編集ツールでお気に入りのものがあれば、ぜひコメント欄で教えてください。


Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.