• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   07:00 PM

外部USBメモリを取り外す時に、なぜイジェクトしなければならないのか?

外部USBメモリを取り外す時に、なぜイジェクトしなければならないのか?

111202_eject_01.jpg


Macユーザーなら分かると思いますが、Macに接続していたフラッシュメモリをイジェクトせずに取り外すと、必ずアラートが出ます。Windowsではありません。外部USBメモリにはイジェクトのメニューがないので、安全だという意味のようにも思えます。実際、外部USBメモリを取り外す時に、イジェクトする必要はあるのでしょうか?

 


この疑問には、短い答えと長い答えがあります。短い答えは、「外部USBメモリのコンテキストメニューでイジェクトが選べなくても、おそらく取り外す時には常にイジェクトした方がいい」です。MacとLinuxにはドライブをイジェクトする方法がありますが、Windowsには特定のドライブをイジェクトするボタンはありません。Windowsでは、システムトレイの「安全なハードウェアの取り出し」アイコンをクリックし、一覧から取り出したいドライブを選べば、安全に取り出すことができます。

では、長い答えはどうかと言うと、Windowsに関しては、外部USBドライブはイジェクトせずに取り出しても大丈夫です。MacやLinuxに関しては、外部USBドライブがパソコンでどのように取り扱われているかという説明をしながら、答えていきましょう。


■なぜパソコンはドライブをイジェクトしてほしいのか?

111202_eject_02.jpg

データを書き込んでいる最中にUSBドライブをグイッと引っこ抜くと、データが破損するおそれがあります。しかし、ドライブへの書き込み作業をしていなくても、データが破損するおそれはあるのです。

ほとんどのOSは、パソコンがより良く作業できるように、初期設定では書き込みキャッシュと呼ばれるものを使っています。ファイルを外部USBメモリのような他のドライブに移す時、OSはたくさんのリクエストが満たされるまで、実際に書き込むのを待っており、リクエストが満たされると一気に書き込みます(小さなファイルを書き込む時でもほぼ同じ)。イジェクトボタンを押すと、OSにキャッシュをデータへ書き込むように指示が出され、実行中だった作業をすべて確実に一時停止します。よって、データを壊さずに安全にドライブを取り外すことができるのです


■なぜWindowsでは面倒なことをしなくていいのか?

111202_eject_03.jpg

MacとLinuxは、すべてのドライブでかなり書き込みキャッシュを使っているので、どんなドライブでもファイルマネージャを使ってイジェクトするようになっています。しかし、Windowsではこの点が少々不可解です。イジェクトせずにドライブを取り外す人が多いので、取り外し可能とされている(リムーバブル)ドライブでは、書き込みキャッシュ機能を使えません(ドライブで右クリックして「取り出し」を選べばイジェクトできますが)。

このように、リムーバブルドライブでは書き込みキャッシュを使えていなくても、データが壊れることはあまりありません。取り外しできないドライブでもキャッシュを使うことはできます。時々、外部USBドライブが取り外しができないドライブとして認識されることがありますが、それはUSBドライブにイジェクトボタンがないからです。逆説的ですが、これがなぜドライブをイジェクトする必要があるかという理由でもあります。Windowsでリムーバブルドライブとして認識されなかった場合、書き込みキャッシュを使うことができ、データが破損する可能性が増えるのです。

ドライブの書き込みキャッシュの設定は、デバイスマネージャで変更することができます。ディスクドライブを選び、設定を変更したいドライブを右クリックし、プロパティを選択。ポリシーのタブに行き、クイックリムーバルのラジオボタンをクリッックすれば、キャッシュを使わなくなります(「より良いパフォーマンス」をクリックすれば書き込みキャッシュを使います)。


■なぜ手動でイジェクトした方がいいのか?

111202_eject_04.jpg

OS XやLinuxと違い、Windowsの場合はインプレースの(作業メモリ領域の)データの紛失を防ぐための予防策です。しかし、書き込みキャッシュだけがデータ紛失の原因ではありません。

今までドライブをイジェクトしようとして、「ファイルが使用中のため取り出しできません」というエラーが出たことはありませんか? バックグラウンドで何か作業中だったり、もしくはプログラムがちょっとおかしくなっていたり、使用中でないファイルにロックがかかっている場合、時々このエラーが出ます。このような状況でドライブを取り出そうとすれば、データが無くなる原因になり得ます。警告することで、問題のあるプログラムを終了させようとしているのです(もしくは『Unlocker』のようなアプリを使って使用中のファイルのロックを外しましょう)。


結局、ドライブをイジェクトしない理由はなく、イジェクトすることでデータの安全性をかなり高められます。Windowsユーザーは、このようなリムーバブルドライブの取り出し方に関する問題に遭遇したことはあまりないかもしれませんが、100%安全という訳ではありません。ドライブをイジェクトすることは、安全に取り外ししたいかどうかに関係なく、取り入れないよりは取り入れた方がいい習慣です


Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.