• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  10:00 AM

「第三者の視点で自分のことを考えると決断しやすい」そうです

「第三者の視点で自分のことを考えると決断しやすい」そうです

111209betterdecision_3rdperson.jpg


自分のことは自分が一番よく理解しているはずなのに、実はそうでもないことも...。それゆえに、いざというとき「自分は今、何を選択しすべきなのか?」がよくわからず、決断を迷ったりしがちです。そこで、自分を第三者のように捉えてみるのはどうでしょう?

Image by Johnny Sajem/Shutterstock.

 


心理学系メディア「Psychology Today」によると、第三者の視点で自分のことを考えたほうが、自分のニーズに気づきやすいそうです。たとえば、「コイツ(=自分)は、お腹が空きすぎてイライラしてるんだな」とか、「寒いから、長い間外にいるのはイヤだろう」といったように、自分を客観視することで、自分の真のニーズに目を向けられるというわけです。

一見バカバカしいアプローチですが、自分と少し距離をとると、頭の中が整理されたり、自分の意識に気づきやすくなるのかもしれません。「自分のことがわからない...」と思ったら、まずは自分を「オレ」や「わたし」といった一人称から、「彼」、「彼女」という三人称に置き換えてみるだけでも、自分を客観的にとらえやすくなりますよ。


Think of Yourself in the Third Person | Psychology Today

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.