• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  12:00 AM

米LH編集部イチオシのiPhoneのビデオカメラアプリは『Video Camera+』

米LH編集部イチオシのiPhoneのビデオカメラアプリは『Video Camera+』

111128_VideoCamera_01.jpg


iPhoneに最初から入っているカメラアプリはかなり良い出来ですが、もう少し機能がほしい場合にはApp Storeを探してみましょう。米Lifehacker編集部のイチオシは、柔軟で便利な機能を備える『Video Camera+』です。

 


111128_VideoCamera_02.jpgVideo Camera+



■機能・特徴

  • 標準的なカメラアプリの機能がすべてそろっている(オートフォーカス、タッチフォーカス、自動露出など)。
  • ビデオ画質の選択肢は対応機種であれば、1080p(1920x1080)から192x144まで。
  • ビデオは自動的に場所でタグ付けされる(承認した場合)。
  • 光を当て続けながらビデオ撮影できるフラッシュ付き。
  • 最長録画時間を1~60分の間から選べる(決まった時間録画する場合に便利)。
  • タイマー録画機能がある。
  • 標準的なグリッドも含めて構図のガイドが多数ある。
  • 起動すると自動的に録画を始める(選択した場合)。
  • 画像安定装置付き(iPhone 4Sのみ対応)。
  • iPhone/iPadのハイブリッドアプリ。



■特にすばらしい点

Video Camera+は、iPhoneのビルトインカメラアプリととてもよく似ていますが、ビデオに関していえば、こちらには新しくて良い機能が搭載されています(ちなみに『Camera+』とは関係ありません)。ビルトインのカメラと比べて、目を見張るような違いがあるというわけではないので、お金を払って買わなくてもいいと思うかもしれません。しかし、ビデオの録画サイズやタイマー録画機能、ビデオカメラの起動の速さなどを求めているのであれば、オススメのアプリです。


■改善してほしい点

Video Camera+の機能でビルトインのカメラを超えるものは、そこまで多くはありません。間違いなくビデオカメラとしての機能は上ですが、その差は微々たるもの。両者はほとんど同じ機能を持っています。

強いて挙げるとすれば、録画時間の上限が60分に制限されています。スマホで60分以上もビデオ録画するケースがあるとも思えませんが、時間の上限はないほうがなお良いでしょう。加えて、アップグレードすると広告が表示されなくなるオプションがあれば、なお良いです。


■競合アプリ

iPhoneビルトインのカメラは、写真もビデオもかなりすばらしいです。iPhoneで特定の機能のあるビデオカメラアプリを買ったとしても、基本機能はそこまで劇的には変わりません。特定の機能が必要なければ、ビルトインのカメラで問題ないと思います

8ミリカメラ』(170円)は以前ご紹介したことがありますが、すばらしいエフェクトをかけられるビデオカメラアプリです。レンズやフィルムを変えて、リアルタイムでエフェクトを見ることができます。とてもカッコいいですし、普通に録画できる機能があったり、あともう少し他の機能があれば、イチオシアプリになっていたかもしれません。

Qik』(無料)は、ビデオカメラとビデオチャットが一つになったアプリです。他のQikユーザーとビデオ通話することもできます。

Vimeo』(無料)はビデオカメラアプリで、Vimeoにビデオをアップロードしたり、編集したりできるアプリです。多少バグったようなおかしな動きをすることがあり、完ぺきなアプリではありませんが、Vimeoファンならうれしいアプリだと思います。


他にもオススメのビデオアプリがあれば、ぜひコメント欄で教えてください。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.