• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  04:00 PM

米LH編集部イチオシのMac用アンチウィルスソフトは...『無し』

米LH編集部イチオシのMac用アンチウィルスソフトは...『無し』

111206_nothing_01.jpg


Macを使っていて、ウィルスやマルウェアのアラートのポップアップが出てくることは極まれですが、起こりえないことではありません。万が一を真面目に考えて、パソコンやデータを守るために高価なアンチウィルスソフトを使う必要があるとは思わないものの、もう少し安全に身を守りたいという人には、価値あるMac用のアンチウィルスソフトもいくつかあります。とはいえ、米LH編集部のイチオシは『無し』だそうです。

 


111206_nothing_02.jpgNothing

  • すべてのプラットフォーム
  • 無料



■機能・特徴

  • これまでで最速のインストール
  • とても軽い
  • インストールしていないみたい
  • 驚くほど効果的
  • ユーザーフレンドリー(よっぽど詳しくない限りは)


■特にすばらしい点

Macはそこまで多くのウィルスに感染しません。ウィルスが無いというのは語弊がありますが、アンチウィルスソフトにお金や労力をかけたり、Macが遅くなるようなことをする価値はないと言ってもいいくらいです。常に何かが起こるわけではありませんが、最近本当にアンチウィルスソフトが必要になったのは、ほんの少し危険性が増したからでしょう。ダウンロードしてパソコンで開くものに気をつけているなら、それだけで大丈夫です。まずは注意深く、用心深くしているのが、どんなプラットフォームでも自分を守る一番いい方法です。


■改善してほしい点

アンチウィルスソフトを使わないことも、へまや失敗をしなければ驚くほど効果的です。用心を欠いて、うっかり悪いファイルをダウンロードしてしまうと問題が起こります。いくらMacにウィルスはほとんど見つからないとしてもです。「MacDefender」を除けば、Macで脅威となるようなウィルスは本当にありません。しかし、まったく守ろうとしなければリスクは常にあります。Macの場合、リスクが本当に少ないので、アンチウィルスソフトを使う必要はないと言っていますが、それでもリスクはあります。アンチウィルスソフトを使っていてもリスクはありますし、感染する恐れがあるものに対して、自分がバリアになるように心がけなければ、もっとリスクは高くなります


■競合アプリ

何も入れないのはちょっと...という場合は、オススメのソフトウェアがいくつかあります。Macにそこまで選択肢はありませんが、ほとんど無料です。

ClamXav』(無料)は、脅威となる可能性のあるファイルをチェックするためにデザインされた、とてもシンプルなアプリです。自動的に動くアプリではありませんが、アンチウィルスソフトを使うのが全然好きではないという人は、保険としてダウンロードする価値があると思います。安全かどうか分からないようなファイルをダウンロードした場合、ClamXavでテストしてみるだけでOKです。

Sophos Antivirus For Mac Home Edition』(無料)は、昔ながらのMac用アンチウィルスソリューションです。役立つ機能がたくさんあります。安さにこだわる人や、パソコン音痴な友だちや家族に何かしらのウィルス対策をさせたい場合は、チェックしてみてください。

iAntiVirus』(30ドル/年)は、とても標準的なアンチウィルスソフトですが、お金がかかります。スキャニングの設定が大量にあり、すばやくスキャンでき、リソースはそこまで使いません。アンチウィルスソフトにしてはそこまで高くもないでしょう。もちろんお金は払いたくはないでしょうが、毎年30ドルくらいなら、払う気になるかもしれません。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.