• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,,  10:00 PM

使用済み油の再利用にも使える、停電の時などに便利なサラダオイルランプをDIY!

使用済み油の再利用にも使える、停電の時などに便利なサラダオイルランプをDIY!

111201oillantern.JPG


普段からロウソクを買い置きしている人であれば、突然の停電の場合でもすぐに対処できるかと思いますが、そのような習慣がない方でも、誕生日ケーキ用のロウソクの一本や二本は台所の引き出しなどに入っているのではないでしょうか?

この誕生日ケーキ用のロウソク、普通に灯してしまうと無条件にハッピーバースデーが歌いたくなるだけでなく、小さな灯りが持続せず、数時間後ににはきれいさっぱり消えてしまうという欠点があります。このロウソクをできるだけ長持ちさせるために燃料として使えるのが、どこの家庭にも恐らくある「食用の油」です。

今回は、誕生日ケーキ用のロウソクとサラダ油などの食用油を使って、燃料補充が可能なキャンドルをDIYする方法をご紹介!

 


用意するものは、

  • 誕生日ケーキ用などのロウソク(一本)
  • グラス(一つ)
  • 食用油

油はあくまで燃料なので、燃やしたい時間に比例して多く必要となります。作り方の手順は下記の通り。


111201oillantern02.JPG


  • まず、ロウソクに火をつけます。ロウを数滴グラスの底の真ん中あたりに垂らし、ロウソクをグラスの中に立てます。気持ちしっかり目に固定した方が良いです。

  • 111201oillantern03.JPG


  • ロウソクが固定されたことを確認し、グラスの中に水を入れます。ロウソクの芯の部分から、1~2センチ下くらいまで水を入れます。

  • 111201oillantern04.JPG


  • ロウソクの芯の部分ギリギリのところまで油を入れます。

  • DSC08704.JPG


  • これで完成です。火をつけて使ってみてください。
  • 写真だとかなり油少なめなのですが、テストとして作ってみただけなので、長く使うつもりの場合はもっと多く入れても大丈夫です。


    111201oillantern.JPG


    油を追加していけばかなり長い時間一本のロウソクを燃やし続けることが可能です。しかも、油は一度使用したものでも問題ないので、揚げ物をした後の油の活用法としても使えます。

    また、水にお茶を混ぜて緑色にしたり、紅茶やコーヒーなどで茶色っぽくしたりなど、色をつけてやるとおしゃれな感じになるので、非常時だけでなく、インテリア的に楽しむというポテンシャルもあり、アイデア次第でアレンジの加え方はいくらでもありそうです。もし、面白いアレンジ方法を思いついたら、ぜひコメントで教えてください。

    火の始末には十分気を付けて楽しみましょう!


    Facebook | Twitter

    (まいるす・ゑびす)

     

    • ,,,, - By

      友清哲

      LIKE

      今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

      Sponsored

      今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

      今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

      商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

    MORE FROM LIFEHACKER

    powered by
        
        
        
      

    Kotaku

    Recommended

    © mediagene Inc.