• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  07:00 PM

無料もしくは格安でオンラインストレージやハードドライブを手に入れる方法

無料もしくは格安でオンラインストレージやハードドライブを手に入れる方法

111117_storage_01.jpg


ハードドライブの値段がバカみたいに高騰しているので、なんとか手頃な値段で買えないでしょうか? もしくは、無料か安くでオンラインストレージをアップグレードできる方法はありませんか?

という質問が、米Lifehacker編集部に寄せられました。もちろん買えますし、あります。安いハードドライブを手に入れたい場合、どこかで妥協しなければいけない...と思っているかもしれませんが、手頃な値段のものは間違いなく見つけられます。それに、クラウドストレージもかなり安くなっているので、まったくお金を払わなくても、かなりの容量を手に入れることが可能です

 


■手頃な値段でハードドライブを手に入れる方法

111117_storage_02.jpg

まず、どこで探せばいいのかをご説明します。最近は、コストコ」のような会員制のお店に登録すると、外部ドライブや安い内部ドライブを買うことがで可能です。ただし、それほど安いというわけではありません。最近のコストコでは、2TBのSeagateの外部ドライブが99ドル、3TBのHitachiの外部ドライブが150ドルで売っています。「Amazon」では、Seagateのドライブは11,800円です。

コストコのほうはオーダーモデルなので、一般的な商品であれば他よりも安く見つけられるでしょう。またオンラインショップによっては、古い在庫処分のために安く売っている場合もあるので、チェックしてみましょう。

111117_storage_03.jpg

手ごろなものが、思いもよらない場所で見つかることもあります。「Best Buy」(アメリカの大手家電量販店)では、Western Digitalの1.5TBの外部ドライブが80ドルでした。「Target」(アメリカの大手ディスカウントチェーン)では、Western Digitalの2TBの買い部ドライブが100ドルでした。

要するに、期待していないような場所で、外部ドライブの旧モデルを探してみようということです。もちろん、同じく中古品や修復品が安く買える場合もあります。

さらに、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)を使うのであれば、NASを買ったり構築してから、ハードドライブを買うという方法もあります。最近では一概にそうとも言えませんが、この方が大抵安上がりです。例えば、Netgearの「ReadyNAS」は、4TBのストレージであればそこまで値段は高くなっていないようです。最近ではディスク付きで700ドル、ディスクなしだと500ドルです。一般的に(この記事を書いている時点では)1TBのハードドライブあたり100ドルくらいでしょうか。ですから、このNASのストレージ付きユニットを買うのは、200ドル安くなります。

すべてには当てはまりませんが、ストレージドライブを使うことのできる環境であれば、もっと手頃な値段のものはないかチェックしてみてください。少しはコストが押さえられると思います。おそらく、今すぐNASを立てるのはめんどくさいという人のほうが多いでしょう。手頃な値段で押さえられる方法ですが、かなり制約がある方法でもあります。まずはちょっとした外部ドライブでしのいで、ドライブの金額が下がったら、後でストレージを構築するのもいいでしょう。

※注 ドライブの金額は、米Lifehackerの元記事が書かれた時点のものです。値段はすぐに変動するものだということは、心に留めておいてください。


■無料(もしくは格安)のクラウドストレージを手に入れる方法

111117_storage_04.jpg

続いては、ストレージをアップグレードしたいけどお金は払いたくない...という場合です。ほんの少しだけお金を払えば、ハードドライブを買うよりも安い金額で、より容量の大きなストレージを入手できます。ですが、お金を払う前にまずは無料のサービスをご紹介しましょう。


この場合、無料のクラウドストレージをかき集めているような気がするかもしれませんが、大容量のスペースが無料のところもいくつかありますし、同様に安い値段で大きな容量を使えるプランもあります。もしくは、Webホスティングサービスには、毎月安いお金を払うだけで無制限に使えるところもあります。例えば「HostGator」は、毎月4ドル弱の金額でストレージが無制限に使用可能です。

大抵のホストには「Webサイト用だけにストレージを使うように」という規則がありますが、ほとんど問題にはなりません(アップロードしているものにもよりますが)。「Dreamhost」のように、バックアップやストレージとしての利用を認めているものもあります。


ということで、まずはお金を払う前に無料のオンラインストレージを使い、それから有料のオンラインストレージを検討し、最後にそれでも足りない場合は、手頃な外部ドライブを買うというのが、賢い方法ではないでしょうか。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.