• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  06:00 PM

限りあるお金を一日の生活に占める割合に合わせて使う「快適の法則」

限りあるお金を一日の生活に占める割合に合わせて使う「快適の法則」

111109_comfort_principle.jpg


読者のみなさまがお金を節約するのをお手伝いするのも、ライフハッカーの大きな役目の一つです。しかし、そうして節約したお金を今度はどのように使えば、最大限に生かすことができ、幸せになれるのでしょうか? その答えは、1日の過ごし方を調べて、その比率に合わせてお金を分配するのがいいとのこと。これを「快適の法則」と呼びたいと思います。

Photo by Discpicture, karam Miri, andersphoto, vlad_star, Kayros Studio/Shutterstock

 


原文筆者を例に、快適の法則とはどういうものなのか、細かく説明していきましょう。

まず、原文筆者は自宅で働いています。よって一日平均10時間は、パソコンの前のイスに座っています。一日大体8時間は寝ているので、24時間から8時間を引いて、それ以外の16時間のうち10時間ですから、起きている時間の62%はイスに座っているということです。これは一日の時間のかなり大きな割合を占めています。

では、これを快適の法則に当てはめてみましょう。一日のうちの62%を体に良くなさそうな、質の悪いイスに座って過ごしますか? それとも、快適なイスの上で過ごしますか? 仕事をして過ごすのが、一日のうちのかなり高い割合を占めているのですから、答えは自ずと明らかです。当然、腰痛になりそうな状態よりも、快適な状態で一日の62%を過ごしたいですよね。このように一日を区切って考えると、何を大事にすべきかという決断が、迷いなくできるようになります

ところが、そこまでやってもパーセンテージがどっちつかずだと、人間はどっちつかずのままでいてしまうので、純粋に数字だけを見て考えましょう。実際の数字を計算してみてください。

原文筆者の場合、一日のうち10時間×1週間のうち5日×1年のうち52週=年間2600時間は、イスの上に座っているわけです(そのうち数週間は休暇を取るかもしれませんが、おそらくその分遅くまで働いたり、週末に働いたりするでしょうから、大体相殺されます)。

オフィス・デポ」に売っているような数千円の典型的なオフィスチェアは、やはりいいイスとは言えません。背骨を快適に伸ばし、腰を守り、筋肉を適度に休ませられるイスは、数万円します。例えば、2600時間のために5万円以上するイスを買ったとしても、1時間あたりたったの20円程度しかかかりません。1時間20円で快適になれるとしたら、お金を払いますか?

ほどんとの人が「YES」と答えるでしょう。毎年イスを買い替えないのであれば、この1時間あたりの金額はさらに下がります。イスを5年使ったとしたら(高価なイスの寿命としては短いですが)、1時間あたり4円にまで下がります。

このように、一日を通した自分の行動で他の物も計算してみましょう。パソコン(仕事に使うのでイスとほぼ同じ)、スマートフォン(1~2時間)、ベッドのマットレス(8時間+α)といった具合です。

もし、今のパソコンがアプリを立ち上げるのに10秒掛かっているとしたら、SSDのパソコンに切り替えれば、その時間は2秒になります。アプリの起動に毎回イラッとしていたり、時間がもったいないと感じているなら、買い替える価値は十分あるでしょう。パソコンのRAMが足りなくてしょっちゅう固まったり、動きが遅くなったりするのであれば、メモリを増設するなり、新しいパソコンに買い替えることを考えましょう。

一日のうちでイラッとしたり、嫌だなと思ったり、ちょっとストレスを感じていることがあれば、それを改善することは、自分自身だけでなく周りの人にもメリットがあります。ストレスが溜まってから、それを取り除くために後でお金をかけるよりは、ストレス要因自体を取り除いたり、避けたりする方がかなり楽です


■この法則を自分に当てはめてみる

自宅で仕事をしないのであれば、一日の大半を使う事柄を見つけるのは難しいかもしれませんが、できないことはありません。まずは、一日にどんなことを行なっているかというリストを作りましょう。それから、そのリストにある仕事や行動に必要なものを査定していきます。例えば、以下のような具合です。

  • 8時間:(仕事)オフィスチェア、パソコン、デスク、モニター
  • 2時間:(移動)車、車用品
  • 1時間:(料理)キッチン用品
  • 3時間:(家でくつろぐ)テレビ、ゲーム機、音楽
  • 1時間:(読書)Kindle/iPad
  • 1時間:(運動)ランニンググッズ、ルームランナー


さすがに、高価なイスが必要だと上司を説得はできないかもしれませんが、うまくいけば光学キーボードやマウス、今よりいいモニターを手に入れることはできるかもしれません。手に入らなかったとしても、快適の法則的には、自腹を切ってでも良くないものを使い続けることはしない方がいいです。特に、健康や幸せに関わるようなものであれば、なおさらです。

快適の法則は、余暇の時間にも同じように当てはめることができます。仕事が終わった後、小一時間庭いじりをしてリラックスするのが好きなら、ガーデニング用品とか、毎日ランニングするのが日課であれば、シューズやウェア、週末に自転車で遠出するのが好きなら、自転車用品などにお金をかけましょう。自分や家族が料理をするのが好きなら、料理に使う道具を全部いいものに変えたら、どれだけ楽になるか想像できますよね。

オンボロな車で長時間移動しなければならなくても、車を買い替えるのは難しいかもしれませんが、腰痛防止のグッズを買ったり、ステレオをいいものに変えたり(ハンズフリーで電話ができるものとか)、カーナビやその他移動の苦痛を軽減してくれるものを買うことはできるでしょう。車という閉じられた空間で一日2時間以上過ごすのであれば、DVDやオーディオブックなど、楽しくてためになる時間の過ごし方ができるものにお金をかけてもいいです。

腰痛を抱えていたり、今のベッドのマットレスに満足していないなら、すぐに買い替えた方がいいです。毎日の3分の1を過ごす場所だというだけでなく、その良し悪しが睡眠にも影響するので、結果的に残りの3分の2の時間にも劇的に影響を与えます。ここはお金をかけてもいいところではないでしょうか。


■どういう散財をやめるべきか

ほとんどの人は、自分が使えるお金は自分を快適にするために使っていることと思いますが、最適な方法で使えていないかもしれません。一年のうち4回の週末しか使わないジェットスキーを買ったりするくらいなら、日々使うものに投資をするのは一見おもしろくない買い物かもしれませんが、長い目でみればもっと幸せになれます。ほとんど使わないけどいい気分になるものを買って、一瞬気持ちよくなるのは簡単ですが、それはこの買い物が日々の生活をどれだけ良くしてくれるだろうかと考えていないからです。もし本当にジェットスキーが必要なら、買わずにレンタルすることも考えてみてください。

また、買ったものの効果や見返りは結局減っていくものですから、「これで十分だ」と感じる気持ちを持つことも必要です。500ドルのパソコンと1000ドルのパソコンを買うのでは、大きく違うように感じるでしょうが、1500ドルと2000ドルでは、そこまで違わないように感じるでしょう。買ってから5年以内の車を持っているなら、ステレオやカーナビなど一部を買い直すことができたとしても、おそらくその必要はないです。

当然ながら、お金には限界がありますから、快適の法則が常に適用できるとは限りません。無駄遣いをやめて、お金を貯めようとしているなら、いいイスや最新のスマホのような贅沢品は買えないかもしれません。しかし、快適の法則とは、自分にとって何が贅沢で何が贅沢でないのかを、改めて考え直すのにも使えます

一日のうち、何時間を何にあてているか、というリストを作って検証し、快適の法則を当てはめてみることで、生活のどこにお金をかけるのが幸せへの近道なのかが分かることでしょう。自分の生活を振り返って、ぜひとも試してみてください。


Jason Chen(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.