• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  11:00 AM

ネットに溢れる荒らしや悪意ある言葉に心を乱されない方法

ネットに溢れる荒らしや悪意ある言葉に心を乱されない方法

111031_trolls_01.jpg


今やいつでもどこでもネットにつながれる時代です。普段はほとんど発言しないのに、たまに失礼なことや関係ない発言をする匿名のユーザーや、明らかに怒りを煽っているようなイラつくコメントも、すべて目に入ってしまいます。そういったものはただスルーすればいいのですが、頭では分かっていても、実際に目にすると簡単にスルーできないのが人間です

そこで今回は、ネットに溢れる無益な言葉に心を乱されないようにするための方法を、色々とご紹介していきましょう。

Photo remixed from an original by Peter Bernik.

 


「トローリング」という釣り用語があります。クルージングする船から釣り竿を垂らして釣る手法ですが、インターネットでもまさに同じように「釣り」というものがありますよね。失礼な発言や相手を煽るようなテクニックは、あなたを怒らせたり何か反応させようとする、「釣り」のための「ルアー(疑似餌)」のようなものです。目的はただ、あなたを怒らせたいだけ。子どもの頃、兄弟が意味もなく突っついて来たり、あなたの言ったことをすべて真似して繰り返したのと同じようなものです。自分の力をより強力に感じさせるために、時に強力な個性を放ちます。

インターネットでの釣りは、その昔「Usenet」というサイトのニュースグループで始まったものですが、今やネットのブログや掲示板、YouTube、Twitterなど、いたるところで見かけます。現代の問題点は、自分のブログにひどく悪意あるコメントがなくても、誰もが釣りにさらされているということでしょう。つまり、そのような悪意を無視することはかなり難しく、さらに感情的に自分の行動や発言に力を注ぐことになり、自分を攻撃するような釣りがより増えるわけです。

ここでは、もっと図太くなってネットの小賢しい発言をいちいち気にしなくて済むような、大事なポイントをお教えします。快適なネットライフのために、是非参考にしてください。


■荒らしは放置

111031_trolls_02.jpg

おそらく、この決まり文句はこれまで何度となく目にしたことがあるでしょう。インターネットコミュニティでの鉄則であり、もっともな話です。

避けるというのは、いつでも楽に実行できる最善の選択。ほとんどの荒らしは対決することを楽しんでいます。なんだかんだ言っても、注意を引くことが唯一の目的なのです。つまり、無視すればするほど効果的なのです

コメントを削除したり、掲示板の管理人に荒らしをブロックしてもらったりして、消えてもらいましょう。反応したい誘惑に駆られるかもしれませんが、無視するのが一番です。荒らしには反応せず、「釣りでしょ」とも言わず、ただただスルーしましょう。「やめてください」とか「荒らしは去れ」などとコメントするのはもってのほかで、逆に荒らしの釣りコメントに注目が集まります。スレッドが長くなったり、いくつもスレッドがある掲示板では、そのスレッドが上位に来てしまいます。

一方、荒らしがパソコンの前に戻ってきた時にコメントや返信がゼロだったり、そのコメントがスレッドの下にポツンとあるだけだったら、注目を浴びられそうなどこか他の掲示板やスレッドを探して移動するはずです。ほんの少しでも食いつきそうな隙を見せると、突っ込まれるのがオチです。

Image by xkcd.


■荒らしはあなたではなく退屈が嫌い

荒らしを見分ける一番簡単な方法は、まったくもって荒らす理由がないということ。荒らしは暴言を吐き、何か意味のあることを言うのではなく、あなたを落し入れようとわざと攻撃的になります。荒らしの発言では、「自分だけが正しく、ここにいる他の奴らが間違ってる」というような態度がよく見られます。Chris Shiflett氏が「Swiss Miss」で書いていたことは、実に的を射ています。

これまでに学んだ教訓は、「嫌いなものに熱くなる人」に注意することです。何かに対して批判的な人というのは、自分が好きなものに対しても同じように熱くなります。好きな物が特にないという人は、主張も特にないのです。

よって、あなたのやったことがそんなに大したことではない場合、少しでも刺のあることを言う人は覚えておきましょう。そういう人はあなたを強く批判する可能性がありますし、その人たちの意見は重要ではありません。すばらしい作品を作った場合は、そういう人はただの子どもみたいになるので、無視するのが一番です。

Chrisは、無礼な批判というのは教養の無さの表れだと言っており、正しくその通りです。荒らしの発言には何の価値もなく、そんなものを重視する必要はありません。真に受けないでください。あなたが何かマズイことをしたからではなく、荒らしはただ退屈で、それが嫌なだけです。


■荒らしにはエネルギーを使う価値無し

111031_trolls_03.jpg

退屈しのぎに言っている人たちの一つか二つのショックな発言をいちいち気にすることに、エネルギーを無駄遣いする必要がありますか? 答えは「NO」です。ブロガーのScott Stratten氏は、荒らしにいかに対応するかという、「感情の通貨」という考え方について説明しています。

簡単に言うと、感情の持ち合わせはそれほどありません。大事な感情は、自分にとってそれを使うだけの価値のある人に使い、「World of Warcraft」(オンラインゲーム)を36時間でやりきるようなアホに使うべきではないということです。特に、Twitterなどを見ていれば分かりますが、この世には信じられないようなすばらしい人たちもたくさんいます。

ネットの世界には、どうしようもない人がたくさんいるからといって、すばらしい人がいないということではありません。荒らしについて議論する時間があったら、もっと意義のある他のことについて話し合う時間にあてた方がいいです。さらに言えば、荒らしのすることにやきもきしている時間があったら、実際に問題のある人に時間を使った方がいいと、Scott氏は言っています。本当にそんな価値のないことにエネルギーを無駄遣いしたいですか?


■その状況を笑える余裕を

前向きな態度をとれば、色々なことを乗り切ったり、荒らしにも反応しないようにすることができますが、どんなに荒らしに引っかからないようにしていても、無視するのがかなり厳しい場合もあります。

そんな時に正気を保つための一番いい方法は、荒らしを笑い飛ばす余裕を持つことです。「鈍感になればいい」というのは無神経なように聞こえるかもしれませんが、好む好まざるとに関わらず、この方法はかなり効果があります。

『Forbes』誌に寄稿しているSusannah Breslin氏は、「もし頭を何度も叩かれたら、感覚がマヒする」と言っていました。これは紛れも無い真実です。しょっちゅう荒らしに遭うのは、おそらく荒らしがあなたをそれだけの権力や影響力がある人と思っているからだ、ということは覚えておいてください。つまり、あなたは正しいことをしているということです。


■狙われてしまった時の対処法

とにかく荒らしは無視するのが一番のお勧めですが、たまたま荒らしの煽りに乗ってしまった時も、炎上を避けるようにして、鎮火することができます。優しさをもって荒らしを退治すれば、もっと簡単に彼らの計画を妨害できるというものです。ソフトウェア開発者のShlomi Fish氏は掲示板のスレッドにて、プログラミング言語を使った例で、荒らしを撃退する方法を紹介していました。

とても簡単な方法です。

  • 相手の発言の意味を尋ねる。問いただす
  • 例:「Pythonがなぜそんなに悪いと思うのですか? それのどこが悪いのでしょう?」

  • 相手に同意する(ただしやんわりとした言葉で)
  • 例1:「そうですね、Perlはいい言語ですよね、私もPythonは欠点があると思います。」もしくは「Perlに比べると一長一短だと思います。」
    例2:「Perlの方が好きでいいと思います。それでもここでは全然いいですよ。」

これで相手は気勢を削がれますし、共通点を見い出すことができます。

このやり方に同意できない人もいるかもしれません。原文筆者個人は、無視したりスルーしたりするよりも、この方がいいと思っているそうです。荒らしに反応してしまって取り返しがつかなくなった時は、それまでの態度を軟化させて、やんわりと撃退するようにするといいでしょう。これで解決できると思います。


■建設的な批判と荒らしを区別する

最後にこれだけは言っておきたいのですが、ただ失礼なことを言ったり、けなしたりする人もいますが、そういう人は無神経なだけです。そのようなただの荒しと、建設的な批判や正当な議論を区別することができれば、とても意義あることになるでしょう。意味のある批判と荒らしは別物です。すべてを一緒くたに無視する前に、もしかして意義のある発言なのかも? と、時には疑ってみるのもいいでしょう。


Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.