• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,  02:00 PM

米LH編集部イチオシのiPhoneの時間管理アプリは『HoursTracker』

米LH編集部イチオシのiPhoneの時間管理アプリは『HoursTracker』

111027_appdir-hourstracker-title.jpg


iPhoneには驚くほどたくさんの時間管理アプリがありますが、そのほとんどが「そこまでいいアプリではないなあ~」というのが正直なところ。

数ある時間管理アプリの中から選んだ結果、米LH編集部のイチオシのアプリになったのは、幅広い機能があり、使いやすくて手軽にデータも書き出せる『HoursTracker』です。

 


111027_hours-tracker.jpgHoursTracker



■機能・特徴

  • 時間管理できるジョブやタスクの追加が無制限。
  • 必要に応じてタイムカードのように出退勤ができる。
  • 時計をスタートさせるのを忘れた時は、特定の時間にスタートするようにできる。
  • 決められた時間を超えた時間のレビュー。
  • (時給を入力している場合)いくら稼いだか簡単に見ることができる。
  • ワンタップでデータ(すべて、もしくは期間指定)を読み込み可能なフォーマットやCSVファイルで書き出し、メールで送ることができる。
  • アプリ購入前に無料版でお試しができる。



■特にすばらしい点

HoursTrackerは、データをCSVなどのオープンなフォーマットで書き出せるので、時間管理の情報をiPhoneの中だけに留めることなく利用できます。

また、このアプリはとても使いやすく、分かりやすいです。特別な設定をしなくても使い始めることができます。「Clock In Now(今から始める)」をタップするだけで、時間を計ることが可能です。そして、あとで編集可能なサンプルのジョブが自動的に作られます(参考動画はこちら)。

そのジョブに詳細を追加したり、他のタスクの時間を計りたい時はジョブを切り替えるだけでOK。時間給で働いている場合は、稼いだ金額を確認することもできます。HoursTrackerは、本当に包括的でフレキシブルなアプリです。


■改善してほしい点

インターフェイスはデザインし直した方がいいのではないかとも思いますが、使いやすさは見た目以上です。そこまで魅力的なデザインではありませんが、きちんとユーザ目線でうまくデザインされています。大した不満ではありませんが、iPhoneアプリには美しいデザインのものが多いので、それらと比較すると見劣りするかも。

HoursTrackerは250円です。このくらいの金額が、一番賛否両論になりやすいもの。「高すぎる」と思う人もいれば、ちょうどいい金額だと思う人もいます。筆者はこの点に関して、このアプリを使ってみれば250円は妥当と言っています。まずは無料版のHoursTrackerを試してみるのがいいのではないでしょうか

最後に、ファイル書き出しの機能は本当にいいのですが、もう少し便利だといいかなと思います。CSVファイルに書き出せるので汎用性がありますが、携帯版のスプレッドシートとして、ExcelやNumbers(iwork)で開けると、より使いやすいかも。アプリから直接請求書を発行できるとさらにいいですし、データをパソコンに持って行って作業することもできるようになります。


■競合アプリ

Billings Touch』(無料)は、色んな意味でベストアプリだと言われています。無料で、時間管理をするのには十分なのですが(見た目もかなりいいです)、問題は、Mac OS Xのアプリ『Billings』と併せて使うようになっているところ。Billingsを使っている人にはいいのでしょうが、使っていない人にとってはよくありません(また、OSがMac OS Xでない人も困るでしょう)。しかも、Billingsは40ドル(3100円前後)もします。よって、無料の時間管理アプリを使っても、必要なデータをアプリから書き出してデスクトップで使うには、有料のBillingsがいるということです。繰り返しますが、アプリとしては優秀なものの、残念ながらこの値段が高いという欠点によって、かなりユーザが限定されてしまいます。単独で機能するバージョンがなく、お金がかかるようになっているというのが痛いです。

aTimeLogger 』(350円)は、日ごとの行動を普通に時間管理するにはいいアプリです。プロジェクトには向きませんが、普通の時間管理にはいいと思います。食事、睡眠、映画を観る、パスに乗る、散歩するなど、一日の行動を把握できます。一日のうちで何をしているかを秒単位で計って、iPhoneにデータを入れていたいのであれば、このアプリがピッタリです。

TimeWeks』(250円もしくは無料)は、時間管理と請求書の作成にいいアプリ。ただ、実際に時間を計っているところにすぐにアクセスができない(目的の階層まで下ってアクセスしなければなりません)など、インターフェイスが少々使いにくいです。とはいえ、このアプリを選択するのはかなり堅実だと思います。まずは無料版を試してみるといいかもしれません。

TimeTracker』(450円)もかなりいい時間管理アプリですが、金額に見合うほどではないかもしれません。タスクの追加がすばやくでき、分類できるのも簡単ですが、無料やもっと安いアプリが他にもあるので、このアプリは選択肢には入らないかも...。

「Harvest」や「Freshbooks」などの請求書サービスを使っているのであれば、こちらはいかがでしょう。『Harvest』は独自のアプリ(無料)を作っていますし、サードパーティが作った『MiniBooks Lite for Freshbooks』(無料)もありますので、携帯で時間管理をして直接請求書を作ることもできますよ。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.