• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  -   12:00 PM

パソコンユーザー必見! ストレートネックを解消して肩こり改善

パソコンユーザー必見! ストレートネックを解消して肩こり改善

111030straightneck.jpgこんにちは、美容研究家の境貴子です。

マッサージに定期的に通っても、慢性的な肩や首こりはなかなか治りませんね。寒くなればなるほど、より一層酷くなるものです。その原因の一つには「ストレートネック」が関係しています。

最近、私のサロンのお客様の中で、肩こりや冷えでお悩みの方の7割程度に、ストレートネックの症状が見られます。ストレートネックとは、慢性的な血行不良に加え、頚椎(首の骨)の緩やかな前方の湾曲がなくなり、首がまっすぐになってしまう症状のことです。そこで今回は、ストレートネックの対処法をご紹介しましょう。

 


■ストレートネックになりやすい主な行動

  • パソコン仕事など、座りっぱなしのデスクワークをしている。
  • 携帯ゲームやテレビゲームが好き。
  • 車を毎日運転する。
  • 座って読書をする。

長時間、前かがみやうつむいている姿勢を続けている生活習慣のある方は、ストレートネックになりやすいようです。このような姿勢は視線が下向きになるので猫背となり、顔とあごが前へ突き出すような格好になります。長時間筋肉が動かないため、緊張した筋肉に頚椎が前方へ引っ張られてしまい、徐々にストレートネックになっていくようです。

ストレートネックになると、頭の全ての重みが首の付け根部分にのしかかるため、首肩周辺の神経や血管が圧迫され、筋肉疲労によるこりの症状よりも痛みが酷くなり、さらには頭痛、吐き気、めまい、イライラなどの症状に発展することもあります。自分ではそこまで首や肩にトラブルはないと思っていても、パソコンでの作業などが多い方は、ストレートネックになりかけていることも少なくないので、ケアしておくと良いです。

以下では、辛い肩こりの根本的な原因の一つでもあるストレートネックの予防と症状を緩和させる、簡単なストレッチ方法をご紹介します。


■境式・ストレートネックを緩和させるストレッチ

  1. 背筋を伸ばして正面を向き、あごを引く。
  2. あごを引いたまま、両手であご先をつまみ、頭ごと動かすようにあごを後ろへ押す(ポイント:頚椎(首の骨)を後ろへ押し込むように押す)。
  3. 手を離し、押した首の位置を保ちながら、天井を見るように首を上へ上げ、5秒間キープ。


こちらを毎日行えば、ストレートネックが少しずつ改善し、緩やかなカーブのある元の首の形へ戻っていきます。場所を気にせず簡単に行える簡単なストレッチですので、「トイレに行く度に毎回行う」など、毎日の習慣にしてみてください。デスクワークの方は、30分毎に行うと良いです。夜はこのストレッチの前に、ホットタオルを縦半分に折りたたみ、マフラーのように首にぐるっと一周巻いて5分間温めてから行うと、首周辺の筋肉の血行が促進されますので、より効果的にストレッチできます。是非お試しください。

他にも、猫背を矯正するタスキ掛けや、ベルトを着けて猫背を防ぐこともオススメです。最近では100円ショップでも購入できますので、お試しください。

肩こりや首のこりは、症状が軽いうちはストレッチなどで緩和できますが、症状によっては頚椎に何らかの問題が生じている場合もありますので、あまりにも辛い痛みが伴う場合は放置せず、お医者様に相談しましょう。


境貴子

 

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.