• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  02:00 PM

iMessageを複数のiOSデバイスで使う人は知っておきたいアドレス連携方法

iMessageを複数のiOSデバイスで使う人は知っておきたいアドレス連携方法

111017_totally-diff.jpg


家族や恋人、すごく仲のいい人と自分のiTunesアカウントを共有している人は、自分のiPadとその人のiPhoneをiOS 5へアップデートしてしまうと、すべてのiMessageがiPhoneでも受け取れるようになってしまいます

なんてこった! ですよね。iMessageは、異なるiOSデバイスの異なるアカウントでも、同じApple IDを使っていれば、簡単に連携できてしまいます

誰かとアカウントを共有したり、iOSデバイスをいくつも持っていて同じ設定で使いたい、送受信するメールアドレスを変えたい、といった場合には本当に便利な機能ですが、困ってしまうこともあるでしょう。

 


■iOSデバイスのiMessageで新しいメールを連携

  1. iPhone、iPad、iPod touchの設定で「メッセージ」を開きます。
  2. 初期設定では、iMessageは電話番号かApple IDのメールアドレスでメールを受け取るようになっています。もし奥さんとiTunesアカウントを共有している場合は、自分のiMessageを奥さんが受け取り続けていたということです。メールアドレスを変更するまで削除することはできませんので、メッセージの設定で「受信用宛先>他のメールアドレスを追加」から変更しましょう。
  3. 連携したいデバイスの新しいメールアドレスを入力します。
  4. メールアドレスが入力されたら、Appleはそのアドレスに確認メールを送ります。確認メールを受け取ってリンクをクリックすれば、新しいアドレスがデバイスに登録されます。
  5. 削除したいメールアドレスをタップして、「このメールアドレスを削除する」をタップすれば、最初の連携されていたアドレスを削除することができます。

以上のように、操作はとても簡単にできます。これで自分宛てのメールがiMessageで奥さんにも見られてしまうという心配はなくなるので、ご安心ください。奥さんのメールアドレスを奥さんのiMessageと連携させて、心置きなく引き続きiTunesアカウントを共有することができますよ。


■iMessageの「発信者ID」を変更

最後に、自分のメールの受信相手に、iMessageのアドレスとして何を表示させるかを「発信者ID」で設定します。「設定>メッセージ>受信用宛先>発信者ID」を開きます。発信者IDは、iMessageのアドレスであれば設定でき、iPhoneの場合は電話番号でも大丈夫です


Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.