• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  -   06:00 PM

ルート・非ルート別、Androidスマホで広告をブロックする方法

ルート・非ルート別、Androidスマホで広告をブロックする方法

111024adblockandroid1.jpg


スマートフォンの小さな画面に大きな広告がドドーン!

世の中には、広告によって支えられているものも数多くあるので、広告の存在自体を否定はできませんが、時々うっとうしく感じることもありますね。

Androidデバイスで表示される広告をブロックしたい場合、ルート化しているか否かによって、その方法は異なります。そこでこちらでは、それぞれのパターン別にベストな方法をご紹介しましょう。

 


■ルート化したスマホ:『AdAway』を使う

111024adblockandroid2.jpg現時点でベストなソリューションは『AdAway』でしょう。ブラウザとアプリの両方で、広告をブロックしてくれます。

使い方はいたってシンプル。ダウンロードして立ち上げ、「Download files and apply ad blocking(ファイルをダウンロードし、広告ブロックを適用する)」というボタンをクリックすると、ホストファイルをダウンロードし、スマートフォンのホストファイルと統合して、広告がデバイスに届くのをブロックします。有効にするには再起動が必要です。ちなみに、広告ブロックの有効化・無効化の切り替えはいつでもできます。切り替え後は再起動してください。

一部のサイトで広告がまだ表示されるようなら、広告のドメイン名(たとえば、「ads.doubleclick.net」など)を見つけ、「ブラックリスト」に追加しましょう。AdAwayを開き、「Menu(メニュー)」から「List(リスト)」へ移動し、タブ「Black(ブラック)」で「Menu」、「Add(追加)」ボタンの順にタップ。ドメイン名(たとえば、ads.doubleclick.net)を入力して「Add」をクリックすれば、リストに広告ドメインを追加できます。再起動後この広告は表示されなくなるはずです。

逆に、広告をブロックすることによって、使えなくなってしまうアプリもあります。たとえば、ゲームアプリ『Words with Friends』がその一例です。この場合、広告を「ホワイトリスト」化しましょう。「Menu(メニュー)」から「List(リスト)」へ移動し、タブ「White(ブロック)」で「Menu」、「Add(追加)」ボタンの順にタップし、表示させたい広告ドメイン名を追加します。たとえば、Words with Friendsなら、入力すべきドメイン名は「androidsdk.ads」と「mydas.mobi」です。

ちなみに、この「ホワイトリスト」には、広告を表示させたいサイトではなく、その広告ドメインを追加してください。たとえば、米Lifehackerの広告を「ホワイトリスト」したい場合は、「lifehacker.com」ではなく、米Lifehackerの広告をホストしている「ad.doubleclick.net」を追加することになります。

AdAwayをアンインストールする場合は、アンインストールの前に広告ブロックを無効化しておくことをお忘れなく。さもなくば、永遠に広告ブロックの状態が続き、これを解除することはできません。

また、たしかに広告ブロックは便利ですが、アプリ開発者やウェブメディアにとって、広告が収入源になっているのも事実。あえて広告を「ホワイトリスト」化し、広告表示にお付き合いするのも、お気に入りの開発ベンダーを応援する手段のひとつかもしれません。


■ルート化していないスマホ:ブラウザベースの広告ブロック機能を使う

111024adblockandroid3.jpgルート化していないスマートフォンでは、広告ブロックのための選択肢がそれほど多くはありません。いくつかのブラウザは広告ブロックに対応していますので、これを活用しましょう。

中でも、『Firefox』はもっともカンタン。Firefoxをダウンロードし、拡張機能「Adblock Plus」を追加すればOKです。

また、『Opera Mobile』を使うというテもあります。米Lifehacker読者のNiteshさんによると、シンプルなテキストファイルでOperaの広告ブロックフィルタを自作できるそうです。この手順について、カンタンにご説明しましょう。

まず、SDカードのどこかに「urlfilter.ini」というファイルを作成し、こちらの「pastebin」のページ(もしくは、Niteshさんの投稿コメント)からテキストをコピーします。pastebinのページには、「urlfilter.ini」ファイルを認識させるために必要なすべてのコードが含まれていますが、「my.opera.com」のこちらのページでもフィルターを入手できます。

次に、コピーしたテキストをSDカードに保存した「urlfilter.ini」ファイルに貼りつけます。スマートフォンを差し込み、USBモードを有効にして、コンピュータから操作するとカンタンです。

コンピュータからスマートフォンを外してOperaを開いたら、アドレスバーに「opera:config」と入力し、「URL Filter」を検索。「/mnt/sdcard」に移動し、作成済みの「urlfilter.ini」のファイルの場所を指定してください。再起動すれば、Operaでの広告表示がなくなります。


今のところ、Androidスマホで広告をブロックする方法はそれほど多くありませんが、広告がわずらわしい方は、こちらでご紹介した方法を参考にしてくださいね。


Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.