• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,,  05:00 PM

iPhoneとAndroidの着信音を無料で自作する方法

iPhoneとAndroidの着信音を無料で自作する方法

111012_ringtone_01.jpg


スマートフォンで自作の着信音を使いたい! という人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、MP3の音源を無料でiPhoneやAndroidの着信音に変換する方法をご紹介しましょう。

Bell Icon by Everaldo Coelho via Iconspedia.

 


■iTunesでiPhoneの着信音を作る

多少お金を払えば、iTunesに入っている曲を着信音にすることはできますが、ほんのちょっとした手間を加えるだけで、無料で簡単に着信音を作ることができます。ただし、この方法で変換するには、iTunesで保護されていない曲を準備してください( 「.m4p」ファイルではなく「.m4a」もしくは「.mp3」ファイルを使ってください)。

着信音の変換手順は以下の通りです。

111012_ringtone_02.jpg
  1. 着信音として使いたい曲の部分を探し、始まりと終わりの時間を書き留めておきます。全体の長さは30秒以下にしましょう
  2. 曲を右クリックし、「情報を見る」を選び、「オプション」のタブを選んで、着信音に使いたい部分の開始時間と停止時間を入力してOKします。
  3. 曲を右クリックし、「AACバージョンを作成」を選びます。もし「MP3バージョンを作成」や「アップルロスレス」になっている場合は、iTunesの環境設定を開き、一般の「読み込み設定」をクリックして、読み込み方法で「AACエンコーダ」を選んでOKし、もう一度試してみてください。
  4. iTunesでファイルが新しくコンバートされた音が鳴ったら、オリジナルの曲よりも短い曲ができているはずです。そのファイルを右クリックして「Windows Explorerで表示」を選びます(Macの場合は「Finderで表示」)。そして、ファイルの拡張子を「.m4a」から「.m4r」に変更します
  5. 111012_ringtone_03-thumb-300x165.jpg

  6. iTunesに戻って、3. で作った短い曲の方を削除します。拡張子変更によってiTunesはファイルを認識できなくなるので、ライブラリから消しておきます。メニューの「ファイル>ライブラリに追加...」を選び、4. で作った「.m4r」ファイルを選ぶと、iTunesの着信音に入ります。


次回iPhoneを同期する時に新しく作った着信音が同期され、「設定>サウンド>着信音」にあるはずです。特定の相手やコンテンツの着信音で使いたい場合は、連絡先のその人のページで、今回作った着信音を選べばOKです

着信音の最初や最後をもう少しアレンジしたい場合は、『GarageBand』も使いましょう(これはMacユーザーしか使えません)。上記の着信音の作り方は、WindowsでもMac OS Xでもどちらでも大丈夫です。


■RIngdroidでAndroidの着信音を作る

111012_ringtone_04.jpg
  1. まず、『Ringdroid』をダウンロードします。インストールしたら、アプリを開き、デバイスに入っているすべての音声ファイルの一覧を見ます(使いたい曲がデバイスに入っていない場合は、事前にデバイスに移行しておく必要があります)。使いたい曲を選び、Ringdroidに読み込みます。
  2. 2つのグレーのスライダーをタップ&ドラッグして、着信音に変換したい曲の部分を選びます。どのくらいの長さでも構いません。自分が選択した部分を再生して聞くこともできます。
  3. 「Save」ボタンを押して保存し、着信音に名前をつけます。これで、携帯の着信音のメニューに表示されます。


電話の着信音に設定するには、「設定>サウンド>着信音」で選択すればOKです。特定の人やコンテンツの音として設定したい場合は、連絡先を開いてメニューのオプションを選び、着信音を選んで設定します。

Androidでは、着信音を自作できるアプリがたくさんあるので、他のアプリを試してみてもいいでしょう


Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.