• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  -   01:00 PM

アルコール解禁の社内イベントでのプロフェッショナルな立ち振る舞いとは?

アルコール解禁の社内イベントでのプロフェッショナルな立ち振る舞いとは?

111018workevent_alcohol.jpg


創業記念パーティや事務所移転の祝いといった社内のイベントは、絶好の社交の場ですね。このときばかりは、ビールなどのお酒がオフィスで解禁されることも多く、少しお酒が入って、リラックスムードに。普段はなかなかゆっくり話す機会がない人々とも、会話が弾みます。とはいえ、場所が「会社」であることを、ゆめゆめお忘れなく。不用意な失態によって、自分の評判をガタ落ちさせる可能性もあります。

Photo by Joey Parsons.

 


節約と生産性をテーマとするブログメディア「We Wear Khakis」では、このような社内のイベントは、社員同士の交流の場であると同時に、従業員の良識が評価される場であると指摘。「お酒の席」とはいえ、ベロンベロンに酔っ払った姿やバカげた言動が、プロフェッショナルとしての自分への評価をも左右することに、くれぐれも留意しましょう。

この記事によると、お酒は2杯までを厳守するのがオススメ。アルコールに弱い人はお酒は1杯のみとし、あとは水かソーダを飲みましょう。また、自動車通勤の人はアルコールは厳禁。飲酒運転は違法行為です。お酒を飲むなら、タクシーか運転代行サービスを利用してください。

社員同士が交流できる貴重な場を有効に活用するためにも、最低限のマナーとけじめは必要ということのようですね。リラックスして楽しみつつ、飲みすぎにはくれぐれもご注意を。


Navigating the Corporate Happy Hour | We Wear Khakis

DAVID GALLOWAY(原文/訳:松岡由希子)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.