• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄  - ,  10:00 PM

ノマドな人や目が疲れる人へ『Brightness menu bar』

ノマドな人や目が疲れる人へ『Brightness menu bar』

111008_bmb.jpg


こんばんは傍島です。

先週は、我が尊師であるジョブズ氏死去のニュースで持ちきりでした。沢山の方が様々な想いを寄せているので、いまさら書くことはありませんが、尊師が居なくなったこの業界に、いつまで興味が続くのかな? と考えることがあります。

さて、ノマド・ワークスタイルなんて言葉があるように、場所を変えて仕事をしている方も多いのではないでしょうか? 私は出先では無論のこと、気分転換をしたい時や何かアイデアを練りたい時は、場所を変えることが良くあります。それは、太陽光をふんだんに取り入れた場所から、少し落ち着いた雰囲気の場所まで様々です。

いずれの場所でも室内の明るさに合わせて、MacBook Proのバックライトの輝度を調整します。すると、「fn+F1」や 「fn+F2」のキーコンビネーションを使うことになるはずです。しかし、こうした方法だけではなく、ソフトなどで簡単に調整できないのか? と考えたことはないでしょうか?

そんな方には『Brightness menu bar』がお勧めです(※ Macのみ)。

続きは、以下で。

 


Brightness menu barは、読んで字の如く、メニューバーからディスプレイの輝度が調整できるマイクロアプリ。標準機能として搭載されていても違和感のないデザインとシンプルな造りが魅力です。メニューバーに表示されているアイコンをクリックしてスライダーを動かすだけで、好みの明るさに調整できます。

MacBook Proには、ディスプレイの輝度を自動調節する機能が付いていますが、私の場合は少し明るめに調整されているように感じるので、無効にして手動調整で使っています。そこで、Brightness menu barが重宝するというワケです。

ディスプレイの輝度が高すぎると、眼精疲労の原因となるので、最近目が疲れる...という方も、この機会に輝度の自動調整を無効にして、Brightness menu barで暗めの輝度に調整してみるのはいかがでしょうか


Brightness menu bar

(傍島康雄)

 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.