• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

nonoshita  -   01:00 PM

もう並んだ人もそうでない人も、iPhone4Sの(主に日本語)機能を再確認

もう並んだ人もそうでない人も、iPhone4Sの(主に日本語)機能を再確認

111007iPhone4S01.jpg


先日はアップル創業者スティーブ・ジョブズ会長の突然の悲報に朝から蒼然となり、彼の早過ぎる死を悼む大勢の人達が全国のアップルストアを訪れ、献花やキャンドルを捧げていたことが、ニュースでも大きく採り上げられていました。通りすがりに見た人だかりの中には、iPhone4Sの発表が始まったと勘違いした人もいたとか。逆に、iPhone4Sについては、予定していた予約前日になっても動きがなく、6日の深夜を過ぎてようやく7日16時からの予約開始、料金設定がソフトバンクとauの両キャリアからアナウンスされるという状況でした。

日本時間で10月5日深夜に、Appleの本社で行われたiPhone4Sの発表については、5登場への期待が大きかったのか、がっかりしたという声も少なくなかったようです。本体デザインの大きな変更がなかったことや、iOS5がすでに発表済みで、追加発表された音声認識によるインテリジェントなアシスタント「Siri」をはじめ、いろいろな目玉機能が日本未対応というのも影響しているのやもしれません。

 


しかし実際に機体をさわってみると、iOS5がさくさく動くA5デュアルコアチップの軽快さにはたまらないものがあります

特にカメラアプリは、かなり時間がかかる印象だったアプリの起動が速くなり、シャッターを切ってから次の撮影に移る時間も今までの約半分、フォーカス位置をタップで指定できるなど、よりデジカメに近づいた印象です。フルHDの解像度に対応したビデオ撮影は、カメラを移動した時のにじみが少なく、暗いところでもきれいに撮影できました。


111007iPhone4S02.jpg


他にも細かいところでは、通知センターをはじめとした日本語表示がきれいにまとまっていて、フォントも見やすい印象です。確認しきれなかったのですが、表示できるフォントの種類やサイズが変更できるのかが気になります。


111007iPhone4S03.jpg


文字入力そのものも画面表示が微妙に変わりました。試しにメモアプリで入力してみると、キーボードの真上に入力候補がやや大きく表示されるようになったことがわかります。こちらも残念ながら、長文入力を試すことができなかったのですが、おそらく変換スピードや効率もあがっているのではないかと思われます。


111007iPhone4S04.jpg


そして、英語キーボードで英語入力モードにすると、スペースキーの横にマイクが表示されるのを発見! 試しに「YouTube」などのアプリ名を入力して呼び出してみましたが、つたない発音でもけっこう反応してくれました。実は、Siriで入力できることを発見したのですが、こちらは「自然な言語での入力」になるので、さすがに日本人の発音ではうまく処理できませんでした(「使い始める時はチューンが必要ですので」とスタッフの方がなぐさめてくださいました...)。いずれにしても、英語でなら使えるので、いろいろ試してみると面白いかもしれません。

そんなこんなで使いはじめれば、まだまだ使える機能が見つかりそうな4Sですが、ソフトバンクが、iPhone4と同じ利用料金で、さらにiPhone3Gと3GSは、4か4Sの乗り換えと、iPad2の3Gが無料になるキャンペーンを発表したのを聞いて、4Sに乗り換える気になった方もいらっしゃるかもしれません。利用料金についてはauもほぼ同じようですが、くわしい比較はギズモードの記事をご参照ください。

iPhone4Sを予約するかどうか迷ってるみなさまにとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。


Apple iPhone

(野々下裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.