• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ishidaishida  - ,  10:00 PM

これをおさえれば会話がはずむ! 上手に話を組み立てるための3つのポイント

これをおさえれば会話がはずむ! 上手に話を組み立てるための3つのポイント

110907lovestyle26.jpg


こんにちは。恋愛スタイリストの石田明です。異性との会話は、お互いにとって楽しい時間にしたいものですよね。しかし、「話すネタがない...」、「内容を面白くできない...」と、思うように会話を楽しめないという意見もよく耳にします。

会話にはある程度法則があり、それを組み立てることで成立します。組み立て方さえしっかりできれば、心配することは何もありません。今回は、会話を上手く組み立てるためのポイントを3つご紹介するので、是非チェックしてみて下さい。

Photo by by las - initially

 


入りやすいネタふり

まず、話すにはネタがいりますよね。例えば、

  • 最近面白かった事
  • 相手の外見の変化
  • 天気

などが会話に入りやすいネタです。

「今日も雨で参っちゃうよね」などは入りやすいですが、その話題の最中に「あれ、髪切ったの?」や「そういえばこないだ、○○でコケちゃってさ...」などを重ねて入れることもできます。入りやすいネタを重ねていくことで、会話をさらに広げていきましょう


沈黙の時は焦ってネタを探さない

次のポイントは、会話の途中でネタがなくなって沈黙の時間になっても、焦らないことです。無理に探したネタを話しても、会話はなかなか広がりません。そのような時は、相手が話をふってくるのを待ってみて、そのネタに乗っかって話を広げてみましょう。相手からのネタの方が会話が盛り上がる時は、乗っかる側に徹するのも一つの手段です。


質問はなごんでから

最後に、相手への質問です。「最近お休みは何してるの?」や「○○さんの好きな食べものは?」などは、ある程度会話をしてから質問しましょう。場がなごんでから質問したほうが、相手もじっくりと答えやすいです


このように、会話は焦らずじっくり深めていくのがポイントです。焦るとそれは相手に伝わり、場を重くすることもあります。しっかりと会話を組み立てて話をすれば、相手との距離は自然と縮むはずです。


(石田明)

 

  • ,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    Sponsored

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    戦国武将に学ぶビジネス論を、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。めまぐるしく変化する情勢の中、選択を誤れば一夜にして滅亡しかねないという時代を、鮮やかに、あるいはしたたかに生き抜いた戦国武将たち。彼らの処世術・仕事術は、刻一刻と変化するテクノロジーやビジネススタイルに対応しなければならない現代人にとって、むしろ身近なものかもしれません。 『戦国BASARA』は、独自の史観とダイ  10:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.