• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  02:00 PM

迅速なコミュニケーションが実現しやすくなる「2・2・2ルール」とは?

迅速なコミュニケーションが実現しやすくなる「2・2・2ルール」とは?

110831_2-2-2rule.jpg


電話にメール、テキストメッセージなど、コミュニケーション手段はどんどん多様になり、これに反応しているだけで膨大な時間を費やしてしまうことも...。そこで、できるかぎり効率的で迅速なコミュニケーションを実現するルールをご紹介しましょう。

Photo by Nate Steiner.

 


開発者でコンサルタントのShenglong Gao氏は、日々メールやテキストメッセージ、電話の対応に追われていたそう。そこで、コミュニケーション手段に応じて対応する期限を定める「2・2・2ルール」を作りました。

2・2・2ルールとは、電話は2秒以内に取り、テキストメッセージは2分以内に、メールは2時間以内にそれぞれ返信するというもの。2分以内で終わるタスクは、重要度が高くなくても、その場でやり遂げようというGTDの父、デヴィッド・アレン氏の「2分ルール」と少し似ています。

特にテキストメッセージやメールの場合、目を通したものの「後で返事すればいいや」と対応を先のばしにして、そのままになってしまいがち。その点、この2・2・2ルールを使えば、無理のない時間内ですばやくレスポンスできます。

2・2・2ルールはどんな場面でも活用できるとは限りませんが、このように一定のルールを決めることで、迅速なコミュニケーションにつながりそうですね。


36 Hours is NOT a Proper Response Time

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.