• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuokamatsuoka  -   08:00 PM

「仕事中の適度なネットサーフィンは生産性向上につながる」という研究結果

「仕事中の適度なネットサーフィンは生産性向上につながる」という研究結果

110825websurfing_productive.jpg


インターネットは、仕事の生産性を妨げるものと思われがちですが、適度な利用は、むしろ生産性を向上させうる、という研究結果があるそうです。

Photo remixed from an original by lululemon athletica.

 


米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」では、シンガポール国立大学の研究員Don J.Q. Chen氏とVivien K.G Lim博士による研究結果を採りあげ、ネットサーフィンは仕事の生産性を上げると述べています。

この研究では、まず被験者に20分間、テキストの中から「e」の文字にマーカーするという作業を行わせました。その後、被験者を3つにグループ分け。シンプルな別の作業をするグループ、ネットサーフィン以外なら何でもやってよいグループ、そしてネットサーフィンができるグループに分けて、それぞれ10分間過ごした後、再び「e」をマーカーする作業を行いました。すると、ネットサーフィンを許されたグループが、明らかに生産性が高く、効果的に作業をこなしたとか。さらに、彼らには精神的な疲れも少なく、より一生懸命取り組んだそうです。

この結果についてLim博士は、「ネットサーフィンは、コーヒーやおやつ休憩のように、疲れを回復させる行動のひとつとなっているのだろう」と考察しています。

もちろん、いつまでもダラダラとネットサーフィンをしていては、仕事ははかどりませんが、時間のメリハリをつけ、休憩タイムの過ごし方のひとつとしてネットサーフィンをうまく取り入れると、生産性向上に役立つかもしれませんね。


Web Surfing Helps at Work, Study Says | The Wall Street Journal

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.