• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  04:00 PM

米LifehackerイチオシのMac用アンインストーラは無料の『AppCleaner』

米LifehackerイチオシのMac用アンインストーラは無料の『AppCleaner』

110810_appcleaner-title.jpg


Macでアプリをインストールするのはとても簡単ですが、アプリを削除するとなると、アプリに関連するファイルをすべて取り除く必要があるので、それほど簡単ではありません。

アプリのアンインストーラーがかなりたくさんありますが、中でも米Lifehackerがイチオシなのは『AppCleaner』です。操作が分かりやすく、機能も充実していて無料というのがポイントです。

 


110810_appcleaner.jpgAppCleaner



■機能・特徴

  • ドラッグ&ドロップでアプリが削除できる。
  • アプリの痕跡がほとんど残らない。
  • ウィジェット、プラグイン、その他残骸もアンインストールできる。
  • 削除しないように特定のアプリを保護できる。
  • ゴミ箱にアプリが入っていると、関連するファイルも削除するか聞いてくれるスマートデリート機能搭載。
  • 自動アップデート。
  • 開いているアプリやMax OS Xと一緒にインストールされたアプリを、自動的に保護してくれるアプリデリート機能(オフにすることも可能)搭載。



■特にすばらしい点

AppCleanerはやるべきことをやってくれる、とてもシンプルなアプリです。削除したいアプリや使わなくなったアプリを選んでウィンドウにドラッグ&ドロップするだけで、そのアプリに関連するファイルもいっしょに削除してくれます

ワンクリックでアプリの関連ファイルも消去可能です。また、ハードドライブのアプリのリスト一覧から削除したいアプリのチェックを外すだけでも、同じように削除することができます。

アプリだけでなく、ダッシュボードのウィジェットや、ブラウザやオーディオ関連のプラグインなども削除可。すべての操作が簡単で、きちんと機能を果たしてくれます。同じようなアンインストーラはありますが、Macで無料のものはAppCleanerだけです。

ゴミ箱にアプリが入っているのを見つけたら、それに関連するファイルも削除するか聞いてくれる、「スマートデリート」機能も賢くて便利です。


■改善して欲しい点

上に書いたスマートデリートはすばらしい機能なのですが、AppCleanerが起動中の時点でゴミ箱に捨てていないアプリにしか適用されません。例えば、(AppCleanerが起動していない時に)ゴミ箱に入っているアプリは、AppCleanerを起動しても、すでにゴミ箱の中にあるので機能してくれません。

また、AppCleanerは名前でアプリやアイテムをフィルタリングすることはできますが、サイズや日付などのその他の条件ではフィルタリングできません。フィルタリングのオプションは必ずしも必要ではありませんが、そのようなフィルタリングがしたい場合は、『AppZapper』を使う手もあります。


■競合アプリ

アプリをアンインストールするという点においては、ほとんどのアプリが十分機能を果たします。よって、今回AppCleanerを選んだ理由は、無料だという点が大きいです。他の競合アプリの中にも良いものは多いですし、かなり魅力的な機能を備えたものもあります。

AppCleanerの機能よりも、他のアンインストーラの機能の方が(喜んでお金を払うというくらい)重要な人もいるかもしれません。

前述の『AppZapper』も良いアプリです。フィルタリング機能を重視している人にはこちらの方が良いでしょうし、インターフェイスのデザインもオススメです。AppCleanerのデザインも良いのですが、AppZapperの方が、一歩リードしているでしょう。しかし、AppZapperは約13ドル(およそ1000円)の有料アプリなので、無料のAppCleanerに比べると格段にお金がかかります。また、AppZapperにはスマートデリートのような機能はありません。

AppDelete』は、AppCleanerにとてもよく似ています。インターフェイスや搭載機能もほとんど同じです。しかし、大きな違いが3つあります。1つ目は、以前にアンインストーラを使って削除したもので、行方不明になっているアプリのファイルを探せること。2つ目は、隠しアプリとして実行できるので、アプリをいちいち起動しなくてもゴミ箱の監視ができること。3つ目は、Mac OS Xのサービスメニューからアプリを削除できることです。

最後にご紹介する『CleanApp』も少々高く、15米ドル(およそ1150円)しますが、機能が豊富なアプリです。アプリのアンインストールだけでなく、ハードドライブにある古い大量のゴミのようなものまでスッキリと削除してくれます。他のアプリ同様、ドラッグ&ドロップでのアプリ削除もできますが、長い間使っていなかったファイル、複製ファイル、必要ないファイルなども、検索・移動できます。CleanAppは、シンプルなアンインストーラでは物足りず、すべてのアプリやファイルをきちんと管理したい方にオススメです。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.