• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄傍島康雄  -   10:00 PM

iPad2とは最強コンビ!? 『ZAGG folio』

iPad2とは最強コンビ!? 『ZAGG folio』

110814_folio01.jpg


こんばんは傍島です。

まだまだ暑い日が続きますが、なんだかんだで八月も残り半月ほどです。毎年これぐらいの時期になると「今年は夏らしいことをしたかなぁ?」と考えてしまうのですが、皆さんはいかがでしょうか?

さて、夏は終盤ですが、私のガジェット収集欲はまったく終わる気配が見えず、年中真夏と言った感じです。こんな欲望を抑えることができず、iPad2用のケースとスタンド、そしてBluetoothキーボードがひとつになった「ZAGG folio」を入手しましたので、そのレビューをお伝えします。

本題に入る前にお断りです。「iPadとキーボードの組み合わせならば、MacBook Airで良いじゃん」という冷静なツッコミは、かなり凹むので勘弁してくださいね(笑)。

熱心なiPad2ユーザーは、続きをクリック

 


■ZAGG folioとは?

ZAGG folioは、iPad2用のケースとスタンド、そしてBluetoothキーボードが一緒になった製品です。7月下旬から発売開始になった新製品で、価格は$99.99。私は、ZAGGのホームページから直接購入したのですが、日本向けの送料は国際郵便で$23.45となりました。


■ZAGG folioのケース

110814_folio02.JPG

スタンドとしても使えるケースは、iPad2用にデザインされたもので、真ん中から二つに折りたためるクラムシェルタイプです。iPad2とキーボードは、それぞれのケースの溝にはめ込んで固定します。ケースのフレームはプラスチック製で、がっしりしているので、iPad2をしっかりと保護してくれそうな印象です。

iPad2側は、操作ボタンやスピーカー、Dockコネクターの部分がくり抜かれており、ケースを装着した状態でもボタン操作や充電ができます。キーボード側は、これといった特徴はありませんが、キーボードのバッテリーを充電に使うUSBポートがある部分は、くり抜かれていないので、充電する度にケースから引き抜く必要があります。

ケースの表皮は、カーボン調になっています。ウリ文句にするほどスタイリッシュさは感じませんが、これのおかげでチープな感じもしません。ただ残念なのは、仕事が雑なところです。ケースを見渡すと、表皮をケースに付ける際に使った接着剤がはみ出たと思われるところが散見しています。また、工作精度も雑です。キーボード側にはノッチがあり、iPad2側にある突起を、そこに引っかけてフタのように固定して閉じる仕組みになっているのですが、造りが甘く、留め具としては機能していません。現状ではズレることなく閉じるためのガイド程度の役割です。


■ZAGG folioのキーボード

110814_folio03.jpg

シルバーで塗装されたプラスチックケースのキーボードは、Bluetoothで接続します。キーボードは英語配列で、iOSで使うことを前提に作られています。例えば、ファンクションキーの部分にホームボタンやSpotlight、コピー、貼り付けなど、iOS用のショートカットキーがいくつか用意されています。私が試した限りでは、このキーボードはMac OS Xでも使うことができ、コピーや貼り付け、ボリュームコントロールなどの一部のショートカットキーは正常に動作しました。

アイソレーションタイプのキーは、大きさが1.4cm × 1.4cm程度で、MacBook Proと比較すると、ひとまわりくらい小さくなっています(「~」と「\」は、横幅が半分程度)。タイプしてみると小さいと感じますが、我慢しながら使わないといけないことはありませんし、特殊なキー配列でもないので、ストレスが溜まるようなことはないはずです。

キータッチは、MacBook Proのそれと似ています。私の好みのタッチではありませんが、外出先で使われることが多いと考えれば、打鍵音の小さい静かなキーボードは、使いやすいのかもしれません。

日本語の入力はキーボードの左下、Ctrlの左にある地球儀マークのキーを押してトグルで切り替えるか、Macと同じように「コマンド + スペース」で切り替えます。「コマンド + Z、X、C、V」の編集操作にも対応。また、キートップのデザインもMacBook Proと似ているので、Macユーザーであれば、すんなりと使い始めることができるはずです。


■ZAGG folioは買って良いのか?

この原稿をZAGG folioと以前「チョー気持ちいいエディター『Daedalus touch』」としてご紹介した、Daedalus touchを使って書き上げました。MacBook Proと比較してもストレスを感じことなく、書くことができたので、非常に満足の高い環境が得られました。しかし、私が持っているWi-Fi版iPad2(601g)とZAGG folio(539g)を組み合わせると、重量が1140gになります。MacBook Air 11"よりもわずかですが、60g重いです


ZAGG folioは、雑な仕事と作りが甘いのが悔やまれますが、Bluetoothキーボードは秀逸で、私のとっては、iPad2との組み合わせは最強コンビと言っても過言ではありません。使い方とiPod2との合計重量で、その評価は二分すると思いますが、外部キーボードの購入を検討されている方は、検討の候補に入れみてはいかがでしょうか?


ZAGG folio

(傍島康雄)

 

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.