• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  07:00 PM

「曖昧さを残しておいたほうが目的達成につながりやすい」という見解

「曖昧さを残しておいたほうが目的達成につながりやすい」という見解

110811vagueness_for_goal.jpg


データ技術が日常生活に組み込まれ、正確さの中で生きる現代人。様々なデジタルツールに囲まれ、どんなことも詳細にいたるまでくまなく計画することこそ、是とされる傾向もあります。しかし、ヒトは曖昧さを許容しなければ、自分が100%理解できると思える場所だけにとどまりがちになり、この「タコツボ化」が、物事を成し遂げる上で妨げになることもあるそうです。

米テクノロジー誌『Wired』では、このテーマについて次のように述べています。

 


曖昧さには価値があります。一方、正確さはときに危険。新しい可能性を想像する扉を閉じてしまうからです。曖昧さは扉を広く開くものであり、自分は常に答えを知っているわけではないこと、自分はまだ成長できることを気づかせてくれます

この記事では、減量を例に挙げて、具体的に説明しています。

自分で体重を測り、その進捗度合いを具体的に認識すると、減量しようという意欲がそがれることがあるとか。もちろん、自分の期待どおりに前進していれば問題ないのですが、事前に立てた目標に達していない場合、正確なデータが目の前にあるがゆえに、「期待どおりに物事が進んでいないだけだ...」という、もう一つの事実を認めづらくなってしまいます。このケースでいえば、実際に体重計に乗って、思ったより体重が減っていないことがわかってしまうと、減量に取り組む意欲が萎えてしまうかもしれません。

一方、正確な進捗度合いがわからなければ、自分の信じたいものだけを信じる「確証バイアス」が働き、目標に向かって取り組み続けやすくなるとか。たとえば、食事に気をつけて運動しているという事実だけで、自分の進歩を感じられ、自分を信じることができるのです。

もちろん、正確な情報を知ることは有効ですが、これに囚われすぎると、せっかくのやる気を損なう結果に...。モチベーションの維持のためには、あえて「知らないことを残しておく」というのも一法かもしれませんね。


In Praise of Vagueness | Wired

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.