• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  02:00 PM

米LHが選ぶベストなWin向けアンインストーラーは『Revo Uninstaller』

米LHが選ぶベストなWin向けアンインストーラーは『Revo Uninstaller』

110811bestuninstaller_win.jpg


Windows:Windowsには、標準アンインストーラーが装備されていますが、世の中には同様の機能を持ちながら、より優れたアンインストーラーがまだまだあります。そこで、米Lifehackerでは、Windows向けのアンインストーラーの中から、ベストアプリを選定。見事これに選ばれたのが、『Revo Uninstaller』です。

 


『Revo Uninstaller』(無償版)の主な特徴は、次のとおり。プロ版(有償・40米ドル)には、これらに加え、様々な機能が備えられています。

  • Windowsの標準アンインストーラーでは残ってしまうものも含め、プログラムのあらゆる痕跡をアンインストールできる
  • アプリケーションに「Hunter」アイコンをドラッグすることでアンインストールできる、「Hunter Mode(ハンターモード)」を装備。
  • アプリケーションショートカットを「Hunter Mode」のウィンドウにドラッグアンドドロップすると、「Hunter Mode(ハンターモード)」でのアンインストールが可能。
  • メニュー、もしくは「Hunter Mode(ハンターモード)」から、プログラムをWindowsのスタートアップから削除できる。
  • シンプルなスキャンで、ジャンクファイルを削除できる
  • プログラムをGoogle検索し、ハードドライブ上の位置を表示。右クリックメニューから、レジストリキーの表示も可能。

このように、『Revo Uninstaller』は、Windows標準アンインストーラーと同等の機能がある上に、非常に使いやすいのが魅力です。特に、「Hunter Mode(ハンターモード)」は秀逸。システム上で開いたウィンドウにアイコンをポイントして、そこからプログラムをアンインストールしたり、「Hunter Mode(ハンターモード)」のウィンドウにショートカットをドラッグして、プログラムのアンインストールを実行することも可能です。一般的なアンインストーラーのように、プログラムの膨大なリストから削除したいものを探してアンインストールを実行するよりも、賢い仕組みですね。また、ジャンクファイルの削除機能など、その他の機能も充実しています。

欲を言えば、複数のプログラムをまとめてアンインストールできる機能があるといいかも。また、プロ版の価格が40米ドルと高めなのも、若干気になる点ではあります。とはいえ、無償版の機能だけでも、十分満足できますよ。

Revo Uninstaller以外の選択肢としては、まず、『IOBit Uninstaller』が挙げられます。同様のタスクを実行でき、64-bitのマシンではRevo Uninstallerよりもパフォーマンスがいいです。また、IOBit Uninstallerの最大の魅力は、複数のアプリをまとめてアンインストールできること。このほか、ワンクリックでツールバーを削除する機能などもあります。ダウンロードは、こちらのページからどうぞ。

また、『CCleaner』もオススメなアンインストーラー。Revo Uninstallerほど機能は充実していませんが、Windows標準アンインストーラーよりはベターです。システム上にすでにインストールされているので、わざわざダウンロードやインストールする手間もかかりません。

Revo Uninstallerは、フリーウェア版(無料)とプロフェッショナル版(有償・40米ドル)の2バージョンで展開。いずれも、Windows XP/Vista/7に対応しています。ダウンロードは、こちらのページからどうぞ。


Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.