• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   09:00 PM

資産マイナスからの資産運用講座【その2】~運用開始!:とにかく始める! スタート戦略

資産マイナスからの資産運用講座【その2】~運用開始!:とにかく始める! スタート戦略

110724yam_syunnightschool2.jpg


110711nightschool_logo_small.jpg■運用に絶対必要なのは才能ではなく○○!?

第2回目は「運用開始!:とにかく始める! スタート戦略」です。資産運用を始めるにあたって、必要な手続きやポイントをご紹介します。

ところで、資産運用においてもっとも重要なことはなんでしょうか。

才能? 情熱? センス?

そのどれでもありません。

実は一番重要なのは「行動」なのです。

というのは、どんなに興味や関心、意識があろうとも、証券口座を作って、お金を入金して、実際に投資商品を買わなければ、資産運用はスタートしないからです。

しかし、この手続きを踏むのが面倒くさい。皆さんの中にも、「投資を始めたいとは思ってるんだよね...」という人が、たくさんいるはずです。そして、実行に至っていない人がとても多い。なぜなら、手続きをする面倒に負けてしまっているからです。そこで今回は、「運用開始に至るまでにやるべきこと」をまとめておきます。

Photo by Images_of_Money.

 


■投資をスタートさせるためにやる手続きはこれだ!

投資をスタートさせるために必要なのは「証券口座」です。投資信託や株式を購入するために必ず必要になります。最近では銀行の窓口で作ることもできますが、基本的には売買のたびに銀行へ足を運ぶことになるので、ここはネット証券の口座開設を考えることにします。

ネット証券の利点として、WEBにアクセスできればいつでもどこでも、自宅でも売買できることがあげられます。営業の電話がかかってこないことも魅力。自分で決めて自分で責任を取るという、投資の自己責任をシンプルに実現できるのが、ネット証券の口座です

ネット証券については「ネット証券 比較」とGoogle先生に聞けば、たくさん比較情報が出てきます。同時に3つ4つ開設して、その後に使い勝手を見てもいいので、まとめて口座開設しておきましょう。Tポイントカードやクレジットカードのサイトから資料請求すると、ポイントがつくこともあります。4000~5000円相当のポイントがつくこともあるので、ゲットしておきましょう。

また、ネットバンキングできる銀行口座があると、入出金が便利になります。今あるメインバンクで手続きをするか、ネットバンクの口座を作るかしておきましょう。銀行のATMで申し込みリーフレットを入手するか、WEBから各銀行のHPへアクセスすれば、自宅へ書類が送られてきます。必要事項と添付書類をつけて郵送すれば、口座開設完了です。


■投資の最大の敵は「面倒くさい」?

口座開設を決心してしまえば、各社サイトで基本項目(住所や氏名等)を入力して送信ボタンを押すだけで、口座開設書類が届きます。その後は押印したり、免許証のコピー(本人確認書類)を同封して、書類を返信するだけで口座開設は完了です。

こう書きますと、「そんなの簡単じゃない!」と思うかもしれません。実際に、その程度でも面倒くささが勝ってしまい、何カ月も何年も口座開設をさぼってしまうことがよくあります。書類請求はしたけど、返信をさぼってさらに何カ月...ということもあるでしょう。これは実にもったいない話です。

面倒なことを強いる運用は嫌いなのですが、こればかりは仕方ありません。これを機に、手続きをまとめてやってしまいましょう。


■面倒くさいを味方につけるマネーハック

次回にもつながるテーマなのですが、面倒な手続きは今まとめて実行してしまいましょう。

具体的には、

  • 毎月貯金する金額については「自動引き落とし」の手続きをしておく
  • 毎月投資したい金額については「自動引き落とし」の手続きをしておく

をやっておくといいでしょう。

必ずしも全額を資産運用に回す必要はありません。貯めたお金の一部は、定期預金に積み立てしておくといいでしょう。指定日、指定金額を決めておけば、翌月から自動的に引き落としされます。

積立の投資信託などを活用すると、自動引き落としで投資の積立ができます。よく分からないのであれば、インデックス運用をしている日本株式の投資信託(手数料が一番安いもの)か、バランス型の投資信託で手数料が一番安いものを指定しておけばいいでしょう。

これらは、「面倒くさい」という敵を味方につけてしまう方法です。毎月ATMでおろしては入金、購入の注文を出すのはとても面倒でサボってしまうこと確実です。自動化しておけばそういった面倒を継続して実践できます。これもまたライフハックというわけです。


■それでは投資の売買へ

口座の開設は、スムーズにいっても一週間以上かかります。本当に売買したいときに口座準備が終わっていない...ということもあります。もし、ネットでこの講座を読んでいるのであれば、そのままブラウジングして、書類請求まで進んでみてください。

さて、口座開設ができれば、あなたの投資の準備はすべて整いました。続く第3回では、実際の投資の売買を考えてみたいと思います。


山崎俊輔

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.