• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  02:00 PM

犬のトレーニングは短時間で余裕を持ったスケジュールにすると学習効果が高い

犬のトレーニングは短時間で余裕を持ったスケジュールにすると学習効果が高い

110719_dog-bredgur.jpg


ちょっと休憩をするだけで、仕事がよりはかどるようになったり、頭がもっとよく働くようになったりします。犬のトレーニングもまた、一度に長時間やったり毎日欠かさずやるよりも、週に1~2回短時間でやる方が、学習効果が高いそうです

Photo by Brian Gurrola.

 


Wired」によると、人間は時間の余裕をもったトレーニングの方が、寝ている間に脳が新しく学習したことを復習できるので、より学習効果が高いとのこと。これは人間だけでなく、子馬やネズミにも見られました。犬でも同じく以下のような結果が出ています。

犬のトレーニング(訓練)をする時のコツを見つけるために、研究所が育てている44匹のビーグルを、4つのグループに分けました。トレーニングは、カゴの中に飛び込んだり、おすわりをしたり、訓練士が遠くに行って戻ってくる間じっとしている、といった内容です。

実験が終わるまで、それぞれの犬には同じ数だけのトレーニング回数が設けられました。

間隔を保って、短時間で週に1~2回トレーニングされる犬は最後までいい結果を見せていましたが、週に何度も短いトレーニングを繰り返し受けた犬や、長時間のトレーニングを週に1~2回受けた犬では、あまりいい結果は出ませんでした

『Applied Animal Behavior Science』6月15日号より

残念ながら、間隔を空けた短時間のトレーニングは、長期間持続しません(ビーグルのことに詳しい人なら、この犬種が頑固だということをよくご存知でしょう)。

それでも犬をトレーニングするなら、短時間のトレーニングを間隔を持ってやったほうが、犬のためにも飼い主のためにも結果的に楽だと思います。そして、期間も大事ですが、動物と付き合うには根気と忍耐が大事だということも、どうかお忘れなく


Give Buddy a Break: More Isn't Better for Training Your Dog | Wired

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.