• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,  12:00 PM

国民の幸福度世界一のオーストラリアで人が最も幸せを感じる瞬間とは!? 「Tim Tam Explosion」のススメ

国民の幸福度世界一のオーストラリアで人が最も幸せを感じる瞬間とは!? 「Tim Tam Explosion」のススメ

TimTam.JPG


数ヶ月前からオーストラリア放浪中のまいるす・ゑびすです。

ワーホリや観光旅行などで行ったことがある方も多いと思いますが、オーストラリアはやはり立地的にもかなり日本に近い国なので、町を歩けばスシに当たり、スーパーに行けばキューピーマヨネーズが売っていて、「日本に行ったことがある」と言いながらニコニコと話しかけて来る親日家なオージー(オーストラリア人のこと)が町の曲がり角一つに付き、一人か二人は潜んでいるという、物価がエラい高いことにさえ目をつむれば、かなり快適なところです。

そんなオーストラリアの名物の一つに、アーノッツ社の「Tim Tam」というビスケットがあります。カンガルーやコアラのぬいぐるみと同様、オーストラリアみやげの定番でもあり、食べた後に何も残らないという潔さから、何の機能性も持たない上に狭いマンションの一部を家賃も払わずに占拠し、なんとなく捨て辛い、いわゆる日本のおみやげ文化の負の遺産ともいえる、三重苦を昼夜問わず奏で続けるぬいぐるみ達よりも、遥かに喜ばれると評判です。

 


Tim Tamは、オーストラリア国内だけでも年間5億個消費されるという、圧倒的なシェア率を誇るチョコレートビスケットです。スペイン人にシエスタ(昼寝)の話をする時のように、Tim Tamの話をすると、オージーの顔は自然とほころぶという超鉄板ネタでもあります。

Tim Tamは普通にかじって食べても美味しいのですが、豪に入れば豪に従えという言葉通り、オージー流のTim Tam作法があるので、今回はそのやり方をご紹介。

僕はこっちに来て最初の週くらいにオージーの友達に教えてもらったのですが、「Tim Tam Explosion」または「Tim Tam Slam」と呼ばれる食べ方があります。口に入れた瞬間にとろけるような甘さの衝撃が躰全体を震撼し、やわらかな脱力感とほっこりとした幸せな気持ちが心の奥底から湧き上がってくるという、国民の幸福度世界一の国オーストラリアで一位、二位を争うくらい幸せな瞬間ではないかと、個人的には思っています。初めて試して以来、すっかりクセになってしまい、機会がある度にやっているのですが、もれなく幸せな瞬間を躰全体で感じることができます。

Tim Tam Explosionに必要なものは、Tim Tam一枚以上とミルク入りのコーヒーなど、お好みのホットドリンク。カップの容量ギリギリくらいまで入っていると、成功率は上がります。また、オフィスでの休憩時間やホームパーティーなど、たくさんの人と一緒いる時にやると幸せな気持ちは増加する傾向にあるようです。

Tim Tam Explosionのやり方は下記の通り。

  1. Tim Tamの角をかじり、その対角線上にある角もかじります。外のチョコレートコーティングに穴が開けば良いので、それほど大きくかじる必要はありません。
  2. かじった角の一方をコーヒーに付けます。
  3. もう片方の角に口を付け、Tim Tamをストローのようにして吸います。
  4. コーヒーがTim Tamの中に染み込んで行く様子を見ながら、コーヒーの水分でTim Tamが崩壊してしまう直前に、Tim Tamを丸ごと口に入れます。
  5. 口の中でTim Tamがとろけていく様子を躰全体で感じます。


コーヒー以外だと、ミルクティーやチャイ、ミロあたりとの相性が抜群です。また、Tim Tamにはいろんなフレーバーがあるので迷いどころですが、初めてやる場合はやはり王道である、Originalがオススメです。

ちなみに、Tim Tam SlamのWikipediaによると、

Double Coat Tim Tamは、チョコレートコーティングが厚めとなっているため、Tim Tam Slamを実行するにあたり、他のフレーバーよりも口に運ぶ前に崩れてしまう悲劇が起こりにくい、安定した構造となっている。Chewy Caramelフレーバーは、内部にキャラメルが入っているため、他のフレーバーよりもビスケットが崩れにくく、至福の時間を少しだけ長く持続させることが可能だ。

という、ある意味科学的な分析もなされているようです。

調子に乗って3つも4つも連投すると、若干どころかかなり気持ちが悪くなる可能性が高いので、くれぐれも注意が必要です。人体実験を繰り返した結果、2つくらいまでが至福を最大限に感じるためには限界であるという結論に、個人的には落ち着いています。

国民の幸福度世界一の国オーストラリアで語り継がれて来た至福の瞬間である「Tim Tam Explosion」、ぜひぜひ試してみて下さい。ほんとにほんとに幸せな気持ちになれますよ。

ご意見ご感想は、FacebookまたはTwitterでお待ちしております。フレンド申請はお気軽にどうぞ!


(まいるす・ゑびす)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.