• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,,  05:00 PM

画像のEXIFデータを読み解けば、プロの技が盗めちゃう!?

画像のEXIFデータを読み解けば、プロの技が盗めちゃう!?

110719reading-exif-data.jpg


ほとんど全ての画像には、「EXIFデータ」が含まれています。

カメラ初心者さんにはあまり馴染みのないものかもしれませんが、このデータには撮影日時をはじめ、カメラのメーカー・モデル名など、撮影時の情報が満載。つまり、EXIFデータを読み解けば、プロの技だって盗めちゃうのです。

 


ギーク系ハウツーブログ「How-To Geek」では、EXIFデータを使って画像の詳細を知る方法を紹介しています。

具体的なやり方としてはまず、好きな画像や真似したい画像を選び、オリジナルコピーをダウンロード。写真サイトに行けば、オリジナル画像を見つけることができます。たとえば、Flickrではアクションメニューからオリジナル画像にアクセス可能。「All Sizes」を選択し、最大サイズをクリックしましょう。おそらく、これがオリジナル画像のはずです。

オリジナル画像が入手できたら、アプリケーションを使ってこの画像のEXIFデータを読みます。代表的なものとしては、『Adobe Photoshop』、『Lightroom』、『Bridge』があります。Mac OS Xなら、Previewで画像を開き「Show Inspector」を選択(もしくは、「Command + I」)、Windows 7なら画像を右クリックして「プロパティ」を選択し「詳細」タブをクリックするといった方法でも、EXIFデータの閲覧は可能です。

EXIFデータでは、使用したレンズや撮影方法、シャッタースピード、ISO感度など、あらゆる情報がチェックできます。これらを参考にして機種を選んだり、撮影設定を変更すれば、プロ級になる準備は万端。もちろん、実際には光や対象物など、様々な要因が影響するので、必ずしもプロと同じ出来栄えの写真が撮れるとは限りませんが、EXIFデータを読み解くことで、写真撮影を上達させる近道になるかもしれません

逆にいえば、画像のEXIFデータは誰でも比較的簡単に見れてしまうもの。撮影場所や日時など、プライベートなことを公にしたくない場合は、写真をオンラインで公開する前にEXIFデータの編集をお忘れなく


How to Use EXIF Data to Learn From Master Photographers | How-To Geek

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.