• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  08:00 PM

一週間のアルコール予算を決めて、お財布にも体にもやさしく楽しい家飲みを!

一週間のアルコール予算を決めて、お財布にも体にもやさしく楽しい家飲みを!

110712_beermoney.jpg


金融系の個人ブログ「Mr. Money Mustache」によると、晩酌が欠かせないようなお酒好きの人は、一週間のアルコール予算を決めて家飲みにすると、少ないお金とアルコールで十分楽しむことができるようです。

Photo by Jakob Hans.

 


ここでのアルコール予算というのは、お金のことだけではありません。Mr. Money Mustacheでは、以下のように説明しています。

ビールやワイン好きの人は、十分酔っぱらうような量のアルコールを飲むのは、週に一回までにしておいた方がいいと思います

もちろん、それより少ない方が望ましいですが、健康に気をつけたいのであれば、できるだけ週に一回以上は飲まない方がいいでしょう。

ここで、アルコール予算について考えます。ほぼ毎日お酒を一杯飲んでいるとして、毎週ビールもしくはワインを6杯飲んでいるとします。その6杯分のアルコールが、一週間のアルコール予算です。

そのアルコール予算を一週間の中で分ければ、複数日で「節度を持った大人のディナー」を楽しむこともできますし、全部を一日に振り分けて「酔っぱらいの宴」にすることもできます。

また、その一週間で6杯を飲みきらなかったら、そのビールを次の週に繰り越してもOKです。その見積もりで、お酒のディスカウントショップなどで前もって賢く買えば、一週間のお酒代をかなり節約することができます。

これは、予算や上限を決めてもその範囲内で十分楽しめるという、よくある基本のアドバイスに則ったものです。それに、そもそも家飲みは酒代だけでなくおつまみも手作りできるので、かなり経済的ですよね。

お財布のためだけでなく健康のためにも、ぜひ一週間のアルコール予算を決めて、その範囲で楽しんでみてください。


It's Beer 'o' Clock | Mr. Money Mustache

David Galloway(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.