• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

admin  - ,,,  08:00 AM

OKWaveの中の人に聞く、ネットで親切にアドバイスするには?

OKWaveの中の人に聞く、ネットで親切にアドバイスするには?

110702okwave.jpg


ソーシャルサービス上で交流する際には、ちょっとした言葉の使い方の違いで、相手に与える影響も大きく変わってしまいます。特にネットで質問に答えるということは、「顔の見えない相手」に「文章だけで伝える」という難しさがあります。

しかし、Q&Aサイトを見ていると、質問していなくても見るだけで参考になりそうなものがたくさんあるように思います

Photo by circulating.

 


例えば、日本には「Yahoo!知恵袋」や「発言小町」などのナレッジコミュニティがあります。これらのサイトでは、質問の内容にもよりますが、質問者に対して多くの親切な回答が寄せられています。

なかでも「OKWave」は日本初のQ&Aサイトとして多くの人に利用されています。たまたま知り合いがOKWaveのTwitter担当者(中の人)ということもあったので、その仕組みを聞いてみると、サポートスタッフと独自システムの両輪で常にサイトを監視しているとのこと。だからこそ、炎上などを事前に防ぎ、利用者を不快にさせないクオリティを保っているのですね。

しかし、肝心の中身はやはり投稿者のクオリティ。親切な回答を参考にしたいもの。ということで、今回はOKWaveの中の人に「良質な質問・回答はありませんか?」と半ば強引に聞いてみたところ、いくつか候補を挙げて下さいました。そのなかでも、特に親切にアドバイスしているものを選んでみましたので、ご覧ください。


■「娘に積極的に交換日記を書いてもらうには...」

小学1年生の娘と交換日記を始めた父親です。

会社の帰りが遅く、接する機会が少ないもので、私から始めてみました。妻が交換日記にノートを買ってきてくれ、「イラストしりとり」や「なやみごと」「今日のグッドニュース」などいろいろの項目があり、頑張って書いています。日記本文には、簡単なクイズも入れておきます。

娘は毎日見るのを楽しみにしてくれています。特に私のクイズを楽しみにしています。しかし、娘からの返事は愛想のないもので、「なやみごと」「グッドニュース」なども毎日なしです。ついには本文も「こんにちは」程度になってしまいました。

まだ始まって1週間程度ですが、だんだん一方的になってきた感じがあり、少し寂しく思っています。娘の口から聞けない毎日の様子が書かれていたら、張り合いもあるのですが...。

それでも娘は楽しみにしているようで、すぐに(ほとんど書かれていない)返事をくれます。

娘からも積極的にいろいろ書いてもらうには、どうすればよいでしょうか

これに対して、さっそく以下のような回答が寄せられました。

娘さんとの交換日記なんて、とても素敵なアイデアですね。

色々な項目に全て書き込むのはとても大変なことと思います。きっとお父さんの努力は娘さんにとって素敵な思い出になるはずです。

さて交換日記というと、私なんかは小学校3~4年生頃から始めたように覚えています。

小学校1年生というと、学校の学習内容ではまだ平仮名の段階かと思います。

作文や短文も2学期から3学期にかけてようやくできるようになるので、娘さんにとって文を考えて書くというのはまだ難しいのかも。きっとどんなことをどんな風に書けばいいのかわからないのではないでしょうか。

「今日は○○しました」の○○だけ書いてみるとか、「お父さんのことで困っていることはずばり○○です」とか、書いて欲しい文を一文こちらで考えてあげて書く量を減らしてあげると、書き方がわかると思います

そのうち書き方が分かれば、自分で工夫して書き出してくれると思いますよ。せっかくの素敵なアイデアなのですから、お互いに続けられるよう、始めは書く量を少なめにしていくといいのではないでしょうか。

うちのパパも娘が大きくなったらこんな素敵なことを始めてくれるといいなと思います。

お父さんがんばってくださいね^^v

具体的なアイディアも書いてあり、とても親切な回答ですね。

この質問者は、この回答に対して以下のようにお礼を言いました。

回答有難うございます。

そうです。すべて平仮名で書いています。作文も難しいのでしょうね。

>お父さんのことで困っていることはずばり○○です

これはいいですね。このアイデア頂きます。

きっと、沢山困っているはずです。

>お互いに続けられるよう、始めは書く量を少なめにしていくといいのではないでしょうか

私の書く量も少なめにしようと思っていたのです。

いろいろな項目に毎日すべて書き込むのは本当に大変です。特に私は絵が下手で。

夜書いて置いておくと、朝娘が起きて、まず交換日記を見るのです。それだけ喜んでいるなら、もっと沢山書いてよと思ってしまいます。

しかし、続けられるように、簡単にしようかと思います。

回答者の文章を読むと、単に言葉遣いがきれいというわけではなく、相手のことを思いやって書いているように思えます。質問者としては、そのような回答を一番もらいたいと思うはずです。

これは普段のメールでも同じです。忙しさにかまけて、つい冷たい感じのメールを送ってしまうことのないよう、文章には気を付けたいものですね。気の利いたメールを送りたいなら、ライフハッカーの過去記事「大切なこころを届けたい~メール上手を目指す39選」なども、ぜひ参考にしてください。


小学1年生の娘との交換日記(父親) | OKWave

(安齋慎平)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.