• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   08:00 PM

「1円を笑う者は1円に泣く」を肝に銘じて無駄遣いしないための意識改革

「1円を笑う者は1円に泣く」を肝に銘じて無駄遣いしないための意識改革

110628_money.jpg


「1円を笑う者は1円に泣く」と言いますから、どんなに小さな金額でもお金を無駄使いするのは避けたいものです。どんなことに使っていても、1円は1円です。お金の価値は変わりません。100円ショップの商品と、100円の割引クーポンの価値は同じですが、使おうと思っていたクーポンを忘れたとしても「まあ、100円だからいいか」で済ましていることが多いのではないでしょうか?

Photo by epsos.

 


ブログ「Budgets Are Sexy」では、どんなやり取りでお金が増えたり減ったりしたとしても、お金の増減に違いはないと言っています。

そんなのは当たり前じゃないか! と思われるかもしれませんが、例えば競馬で1万円すってしまったのと、銀行の手数料に1万円取られたのとでは、それぞれどう感じるでしょうか? ほとんどの人は銀行の手数料は100円だって気にするのに、競馬の時は100円なんて気にも留めないのではないでしょうか?

冒頭から言っているように、1円は1円なのですが、状況によって金額の価値が変わったように感じるので、間違ったことに浪費してしまうことがあるのです。節約したい、貯金がしたいと思っている人は、まずはこのことを肝に銘じて、どんな時も1円は1円だと意識しながら、お金を管理してみてください

過去記事の「スーパーの特売と買い出しのサイクルを合わせる、という節約術」や「お金を節約し人生を豊かにする、短時間でできるマネーアクション」なども参考に、賢い倹約生活を送ってくださいね。


Why Smart People Make Bad Spending Decisions | Budgets are Sexy

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.