• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

admin  - ,,  08:00 PM

我が家の節電対策を考えてみました

我が家の節電対策を考えてみました

110627_electricity.jpg


編集委員のひらたです。6月だというのに、東京は急に暑くなってきました。もともと暑いのはあまり得意ではないんですが、だからといって、エアコンもそんなに得意ではありません。夏はバカンスがいいのですが、休むのも得意ではないので、どうにも夏は苦手です。

そんな夏がやってきましたが、今年の夏は、企業も家庭も、節電を意識しないではいられないですね。ささやかながら協力を、ということで我が家でも節電対策をしてみました。

Photo by Clearly Ambiguous.

 


普通のおうちと違って、うちで多めに電気を使っているのは、やはりたぶんどう考えてもコンピュータでしょう。自宅で常時稼動していたのは、ミニデスクトップを転用したサーバ3台と、普段の仕事や原稿書きにつかっているMac ProとiMacです。これらを止めることでどれくらい節電できるんだろう、ということで試してみました。


110627_electricity_server.jpg
Photo by dh.


まず、サーバー。ライフハッカーでも話題にしてきました我が家の自宅サーバですが、じつは5月末で停止しまして、いわゆるクラウドに移行しました。移転先はあれこれ考えたり試したりしたんですが、最終的に落ち着いたのは、半分がアマゾンのAWSの東海岸と、もう半分はさくらのVPSの月額980円プランでした。アマゾンはザーブドインスタンスという「先にまとまった金額を払うと割引しますよ」という仕組みで、すでに使っていたこともあり、使わないともったいないということで選びました。

で、いろいろ使ってみたのですが、スモールインスタンスではうちの自宅サーバでやっていたことをさばき切れませんでしたので、一部をさくらのVPSに移転しています。さくらのVPSは、お試し期間中はトラフィックの制限がかかっていてうまく動かないことがあったのですが、ちゃんと支払いをすませたら制限が取り払われて安定しました。金額の割にかなりのパフォーマンスを出してくれていて、とても満足しています。


110627_electricity_cloud.jpg
Photo by dh.


もともと、自宅サーバはそれほど電力を消費しない小型デスクトップを転用していましたので、さらなる電力消費のために、Macのほうも省電力設定をしました。システム環境設定の省電力の項目で、スリープするまでの時間を5分に設定。それでも心配なので、出かけるくらいの時間に自動的にスリープに入るようにして、さらに出かける前に自分でマニュアルでスリープするようにしました。

こうすると、外にいるときに自宅のMacのファイルにアクセスできないので、ちょっと困ることもあります。普通は『Dropbox』を使えばいいのですが、なんでもかんでもDropboxにいれるわけにはいきません。

どうしたものか、と考えていたのですが、「ネットワークで起動させる」にチェックをいれて、Back To My Mac(日本名:どこでもMy Mac)を使ってファイルにアクセスすれば、外からでもスリープ中のMacを起こせることに気がつきました。ISPとの接続に『Time Capsule』を使っているからかもしれませんが、これは便利ですね。知らなかったので、本当はNAT越しにマジックパケットをどう送信したらいいか、とか結構悩んでいたんですが...。

ということで、めでたく自宅のコンピュータ関連の節電にメドがつきました。結果は(もちろん請求書ベースでやっているので正確ではないのですが)、停止前の4月の請求書を元にすると、一日あたりの消費電力は22.8kWh。節電を始めてからの請求書で、日割で計算すると、節電後の一日あたりの消費電力は18.4kWhと計算されました

この数字が正しければ、ほぼ20%の節約になったようです。電気料金も安くなりますし、部屋も涼しくなりますから、エアコンの利用も抑えられるのではないかと期待しています。

あとは電源の入っていないサーバをどう処分するか、そっちのほうが問題かもしれません。UPS もあったりして悩ましいです。はい。


ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.