• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  06:00 AM

ヒトの動物的本能「闘争・逃走反応」に賢く打ち勝つためのコツ

ヒトの動物的本能「闘争・逃走反応」に賢く打ち勝つためのコツ

110609fightorflight_tip.jpg


なんで、あんなヒドイこと言っちゃったんだろう...。

勢いに任せて口走った後で、自分の愚かさに落ち込むことはありませんか? ヒトには他の動物と同様、「闘争・逃走反応(fight or flight response)」という本能が備わっており、恐怖を感じると、これに反応して「戦うか、逃げるか」の二者択一を自分に迫るとか。冒頭のような行動も、この本能によって生じるものが少なくないそうです。

 


Tony Schwartz氏は、ブログ「Energy Project」で、このテーマについて次のように述べています。

問題なのは、たとえば、同僚や上司から辛らつなことを言われたときなど、カラダが脅威と感じたものに対して、「闘争・逃走反応」で反応してしまうこと。合理性や熟慮性を失い、これらを失っていることにすら気づかないことが多い。

ストレスホルモンが体内をめぐり終えると、論理的に考える能力は復活するが、脳の前頭前皮質は、しばしば、自分が考えなしにやってしまったことを、合理化しようとする。他人を傷つけ、害を与えるような行動について、自己の責任を正当化したり、最小化したり、否定しようとしてしまうのだ。

では、このような本能的なメカニズムから自分を解放するには、どうすればいいのでしょう?

Schwartz氏は、高ストレスのサインを見逃さず、この反応を自覚することがポイントだと指摘しています。心臓がバクバクしたり、肩や顎、額がこわばってきたら、その兆候かもしれません。また、行動に移そうとする自分の衝動を認識することも大切。まずは一息ついて、自分がやろうとしている行動を頭の中で検証すること。あらゆる点を確認してOKなら、行動に移してもいいですが、そうでなければ、けして衝動のままに行動しない方が賢明です。

つい、自分が攻撃的な態度に出そうになったときは、このコツを参考に「本能的な反応では?」と疑ってみるのも一法かもしれません。また、怒りへの対処法としては、ライフハッカーアーカイブ記事「『ムカッ』『イラッ』ときたら、ちょっと一息...賢くリベンジするコツとは?」なども、あわせてご参考まで。


Whatever You Feel Compelled to Do, Don't [The Energy Project]

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.