• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  06:00 PM

Googleマップをさらに便利にする選りすぐりの5つの機能

Googleマップをさらに便利にする選りすぐりの5つの機能

110527_google-maps_01.jpg


Googleマップには実験的な機能がいくつもあります。なかでも、ちょっと面倒だと思うようなことを解消してくれたり、より使いやすくしてくれるような機能を、ここで選りすぐって5つご紹介しましょう

※ 以下の各機能を使いたい時は、Google Maps LabsオンにするをチェックすればOKです。

 


1. 短い表示URL

110527_google-maps_02.jpg

Google MapのURLはとても長いです。少なくとも、その地点の住所と、その住所が入っているエリアの情報が必要になるので、どうしてもURLが長くなってしまいます。その長いURLを誰かに知らせたい時は、「短いURL表示」をオンにすればOKです。

地図の右上にある「リンク」ボタンをクリックすると、その地図の短いURLが表示されます。


2. ドラッグ&ズーム

110527_google-maps_03.jpg

地図はとにかく簡単に拡大したいものですが、ズームレバーを使うと、どの程度拡大されるかが分かりにくいです。というのも、ズームレバーにはどの程度拡大されるかが明記されていません。

「ドラッグ&ズーム」をオンにして、ズームレバーの下の方にある小さな虫眼鏡アイコンをクリックすると、ドラッグして四角で囲んだエリアがズームインされます

必ずしもドラッグした範囲が正確にズームされるわけではありませんが、大体その範囲が拡大されるので、かなり便利です。


3. スマートズーム

110527_google-maps_04.jpg

ズームに関して言うと、見たいエリアをクリックしてズームインしても、詳細が見えるレベルの衛星写真のデータを、Googleが持っていない場合もあります。

そんな時は「スマートズーム」です。詳細な衛星写真がないエリアでズームインすると、自動的に一番ズームできる大きさまで戻してくれます。ただ、もちろんこれは衛星モードを使っている時に限ります。


4. この周辺の情報

110527_google-maps_05.jpg

Google Mapは、検索した場所の周辺情報を大量に持っています。「この周辺の情報」を使うと、その情報が地図上に表示されるようになります。この機能をオンにすると、「地図を検索」のボタンの隣に「この周辺の情報」ボタンが表示されるようになり、赤い○が地図上に現れます

この地図上の赤い○をクリックすると、その場所の詳細情報を見られます。周辺情報の一覧は地図の左側からでも閲覧可能です。


5. 距離測定ツール

110527_google-maps_06.jpg

Google Mapでは、これから行く目的地までの距離を測ることもできますが、すばやく距離をチェックしたい時は「距離測定ツール」がおすすめです。この機能をオンにすると、小さな定規のアイコンが地図の左下に表示されます。

そのアイコンをクリックして、地図上の2点をクリックすれば、簡単に直線距離を測ってくれます。単位はメートルとヤード表示です。


今回は5つの機能を採り上げましたが、Google Maps Labsには他にも機能がありますので、Google Mapsをよく使う人は一通りチェックしてみてください。あなたにとって魅力的な機能があるかもしれませんよ。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.