• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  05:00 PM

Appleユーザーには間違いなく欠かせない『iTunes』の魅力を再認識

Appleユーザーには間違いなく欠かせない『iTunes』の魅力を再認識

110526_itunes.jpg


『iTunes』は完ぺきなアプリではありませんが、機能は豊富にありますし、ここまでガッツリとMac OS X/iOSデバイスと絡んでいると、Macで音楽を聴いたり管理するには、iTunesを使うのがベストなのは間違いないでしょう

 


110526_itunes-icon.jpgiTunes



■機能・特徴

  • すべてのメディアを管理できる(iTunesが対応しているファイル形式であれば)。
  • フォルダ毎に分かれたプレイリストを作成し、管理することができる。
  • 設定した基準を元にダイナミックに更新するスマートプレイリストの作成。
  • 音楽ライブラリやプレイリストから、標準的なオーディオCDやMP3のCDを焼ける。
  • ほとんどのAppleのデバイスにメディアを同期できる。
  • ホームシェアリング機能を使って、iTunesが入っている他のパソコンとライブラリを共有できる。
  • 似たような曲をジャンル別に分けた「Genius Mix」を作ることができる。
  • 統合されているiTunes Storeで、音楽、テレビ番組、映画などを買うことができる
  • iTunesのビルトインのソーシャルネットワーク「Ping」で音楽のレートや興味を共有できる。
  • ポッドキャストの購読、ダウンロード、管理ができる。
  • iTunes Storeでカスタマイズした着信音を作ったり、購入したりできる。
  • Webベースの無料のラジオステーションを聴くことができる。
  • iTunes DJを使って、iTunesの入っているデバイスからリクエストに合わせたパーティー用の音楽Mixを、途切れなくエンドレスで作ることができる。
  • 音楽にビジュアル要素を追加するためのビジュアルエフェクトプラグインがある。
  • 音楽のアートワークを簡単に取ってくることができる。
  • 「Apple TV 2」で写真を共有できる。
  • オーディオブックのAudibleコンテンツをうまく統合できる。
  • カバーフローなどのビジュアルでの表示も含めて、色々な方法で音楽をブラウズできる。
  • AirPlayと互換性のあるデバイスにメディアをストリーミングできる。
  • サウンドエンハンサーとイコライザーが内蔵されている。
  • すべての音楽トラックの音量を同じくらいのレベルに合わせるサウンドチェック機能。
  • クロスフェード機能が内蔵されている。



■特にすばらしい点

iTunesでは、あらゆることができます。直感的なインターフェイスで、あらゆるタイプのメディアが簡単に管理可能です。Appleのほとんどのソフト同様、見た目が良く、使い方もすぐに分かります。また、最初に上げたように、かなり豊富な機能を備えています。これ以上直してほしいところが思いつかないくらいです(以下に上げるもの以外で)。


■改善してほしい点

先ほども言ったように、iTunesはあらゆることができます。できすぎるくらいです。最初は音楽を管理するために作られたアプリでしたが、今やAppleの携帯デバイス、ビデオ、ブック、着信音、ポッドキャスト、アプリなど、数々のものを管理してくれます。

ある意味これはとても便利なことなのですが、一方で、一つのソフトにしては大きくふくらみ過ぎているとも言えます。iTunesで何かのデバイスと同期している時、同期が遅かったり、時間が長かったりすることからも、明らかです(ワイヤレスの接続がまだできないから古いと言ってるのではありません)。iTunesは何でもできすぎるがゆえに、時々遅くてイラッとすることもあるということです。

何でもできる割には、iTunesは対応しているメディアのファイル形式が少ないです。技術面では、Appleがかなり厳密にこだわっているファイル形式しか動きません。喜んでApple色に染まりますよと思っているうちは、大きな欠点には思えませんが...。

音楽中心のソーシャルネットワークPingが、iTunesにはビルトインされていますた、これはそれほど必要でもなければ、存在しなくてもいいような機能です。


■競合アプリ

iTunesは、Mac OS Xと深く連携しているので、Mac OS Xを使っているのであれば、競合アプリはないに等しいです。強いて言うなら『Clementine』がいいのではないでしょうか。iTunesと同じ機能もたくさんありますし(Apple社製品の音楽プレイヤーでも別会社のものでも同期できることを含め)、新しい機能もたくさんあります(Wiimoteのプレイバックコントローラーや、対応フォーマットの追加、プレイリストのタブ化など)。

ただ大きな欠点は、iTunesにある機能がなかったり(Clementineは他のメディアよりもかなり音楽に特化したアプリですが)、インターフェイスがそれぞれのプラットフォーム向けに考えられてなかったりするところ。Clementineは、すべてのプラットフォームでほぼ同じような見た目なので、一貫性があるのはいいのですが、本当にこのプラットフォームのためのアプリとは感じられません。

競合アプリはあまりまりませんが、音楽の再生さえできればよく、同期するiOSデバイスを持っていない人には『Vox』もいいと思います。Voxは、音楽を作る機能が豊富にある、ほぼどんなフォーマットにも対応した、音質もよい軽い音楽再生アプリです。

ビルトインのイコライザー、エフェクト、アルバムのアートワーク、ギャップレス再生などの機能もあります。iTunesを使わずにApple製品を使うのはかなり難しいことなので、ほとんどのMacユーザーにとっては、最初に選ぶアプリにはならないでしょうが、iTunesの機能だけでは満足できない人にとっては、愛すべきアプリとなるのではないでしょうか。

最後に、『Miro 4』も十分な機能を備えたメディア管理&同期アプリです。これも競合としてはかなりいいですよ。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.