• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  05:00 PM

iPhone用のIMアプリなら『Imo』がとにかくオススメな理由

iPhone用のIMアプリなら『Imo』がとにかくオススメな理由

110520_imo-title.jpg


iPhoneには、かなりの数のインスタントメッセージアプリがありますが、大抵どれも良いアプリです。中でも、あえてオススメをあげるとしたら『Imo』になるでしょう。Imoはサクサクと動き、インターフェイスが直感的に使え、多くのチャットに対応していて、本当に使いたい機能だけを絞って使えるところがポイントです

 


110520_imo-icon.jpgImo



■機能・特徴:

  • 複数のチャット言語に対応:Googleトーク、Yahoo! メッセンジャー、MSNメッセンジャー、AIM/ICQ、Facebook、Skype、Jabber、MySpace
  • 一度にデスクトップもiPhoneも同時にログインしてセッションできる。
  • テキストだけでなくボイスメッセージも送ることができる
  • アプリがバックグラウンドで起動していれば、新しいメッセージを受信した時にプッシュ通知で知らせてくれる。
  • 友だちリストもチャット履歴も検索可能。
  • タブでチャット間を簡単に切り替えることができる。
  • アカウント同士でリンクすることができるので、何度もサインインする必要がない。
  • シンプルで、チャットのふき出しの色を変えることもでき、エレガントなインターフェイス。



■特にすばらしい点

Imoは、いくつものチャットプロトコルに対応していますので、一度に複数のアカウントを同時に使うことができます。インターフェイスはとても直感的で見やすく、使いやすいです。サインイン中は、ページ下部のタブをタップしてチャットを切り替えたり、友だち検索ができたり、他の操作についても簡単に見つかります。アプリ自体も軽くてサクサク動きます。テキスト入力したくない時はボイスメッセージを送ることもでき、送信も反応も速いです。Imoはすばらしいところばかりですが、ナビゲーション部分が一番ではないかと思います。


■改善して欲しい点

特にこれといって不満がある訳ではありませんが、強いて言うなら、ボイスメッセージ機能ではメッセージをリンクで受け取れるようにしてほしいところでしょうか。ボイスメッセージをいくつか送ると、チャット相手がちょっと退屈してしまう可能性があります。Imoの責任ではないのかもしれませんが、ボイスメッセージ機能の欠点ではあると思います。


■競合アプリ

iPhoneにはたくさんのIMアプリがありますが、コスト的にも、機能面でも、使いやすさという点でも、Imoに勝るものはなかなかないです。他の無料IMアプリでは『IM+』が、Imoとほぼ同じような機能を提供していますし、さらにグループチャット機能や友だちの位置情報などもあります(プロバージョンは有料で10米ドル)。ナビゲーションは、やはりImoの方が素早く、簡単でしょう。Imoのナビゲーションは、モバイルアプリの中では最高レベルだと思われます。

BeejiveIM』もIMアプリの中では人気があります。6米ドルと有料ですが(現在セール中です!)、Myspace のようなごちゃごちゃしたプロフィールをちょっと昔風にカスタマイズできたりします。見た目重視でインターフェイスはシンプルでコンパクトなものがいいという人は、『Verb』も有料ですが、3米ドルを払う価値はあるかもしれません。また、筆者としては使うとちょっとストレスがあるので、あまりオススメしていないようですが、『Meebo』もあります。


iPhone用のIMアプリは他にもたくさんありますし、それぞれに良い点がありますが、Imoがすべての点においてオススメです。とにかくシンプルで使い方も簡単、動きも軽快で、必要な機能はすべて揃っています。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.