• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄傍島康雄  - ,  10:00 PM

ジョブズが凝縮されたiOSアプリ『Sir Steve Jobs』

ジョブズが凝縮されたiOSアプリ『Sir Steve Jobs』

110522_jobs01.jpg


こんばんは傍島です。

今さらですが、私はMacintosh SE/30の頃からのMacユーザです。最初に触ったのは漢字Talk 6.0.4のはずで、機動性を活かして、いろいろな場所へ持ち込んで使っていました。この時、すでにジョブズはAppleを追われていましたが、Macを世に送り出した人物であり、良くも悪くも多くのエピソードを持つ人物であることから、興味を持っていくつかの書籍を読んだ記憶があります。

いまや、ジョブズは学ぶべき対象となっています。

書店のビジネス書のエリアには、ジョブ本のコーナーができるほど人気です。プレゼンや交渉術を採り上げた書籍を見かけますが、あれは彼だからできるのであって、到底真似できるものではないですし、書籍自体がApple人気に乗っかっているよなぁ...と感じることもあります。

もちろん偉大な実業家ではありますが、私にとっては、彼の考え方やスタイルこそが学ぶべきところで、ビジネスリーダーと言うよりは、アイドルやスターのような存在です

そこで、私のような感覚でジョブズを見ている片は、無料のiOSアプリ『Sir Steve Jobs』をお試し下さい。ファンであれば、凄く楽しめるはずです。

続きは以下で。

 


Sir Steve Jobsは、スティーブ・ジョブズが凝縮されたiOSアプリです。

アプリには、ジョブズ史が綴られた「Sir Steve」、ジョブズの名言(迷言?)が集められた「Quotes」、ジョブズの動画を集めた「Video」、2000年以降のジョブズの写真が集められた「2000-present」が収録されています。

アプリは英語なので、苦手な人は「Sir Steve」や「Quotes」を敬遠するかもしれませんが、そう簡単に諦めないで下さい。「Video」や「2000-present」には「もう沢山です...」と感じるほど、ジョブズがこれでもかと収められています。

例えば「Video」では、Macのプロセッサが「Power PC」から「Intel」になった歴史的瞬間のプレゼン「First Intel Mac」が見られます。また「2000-present」では、2006年の「Macworld」でMac OS Xの「X」のロゴをバッグにプレゼンする神々しい姿や、2008年のMacBook Airの発表会で、自慢げな顔でMacBook Airを披露する姿を見ることが可能です。また、過去のプレゼンから遡ると、会社の規模と反比例するかのように、服装がカジュアルになっていく彼らしい一面も見られます。


110522_jobs02.jpg


「Sir Steve Jobs」はジョブズが知れる良いアプリです。ジョブスは、多くのビジネスリーダーと違い、自身の想いや考えを言葉や文字ではなく、手に取って使える物の中に込めて、世に送り出しています。それも、一つでなく数多くです。よりスティーブ・ジョブズを知りたい方は、彼が世に送り出した製品(作品)を追いかけて、使ってみるのも良いのではないでしょうか。


Sir Steve Jobs

(傍島康雄)

 

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.