• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  10:00 AM

ほとんどの画像エディタで使える、人物写真の顔だけ明るくする早くて簡単な方法


どんなにいいカメラを使っていても、どんなに速いレンズを使っていても、ライティングが完ぺきでないと、良い写真にはならないものです。いい感じで撮れた! と思った写真でも、人物の顔に光がきちんと当たっていなかったらガッカリですよね。

そこで今回は、悩ましい写真の明るさ問題を、どんな画像エディタでも簡単に解決できる方法をご紹介します。

 


方法はいたって簡単。冒頭のデモビデオではPhotohopを使っていますが、Photoshopでなくても、以下の2つが行える画像エディタであれば大丈夫です。

  • 複数のレイヤーが持てる
  • 明るさが調整できる(レベル補正、トーンカーブなどの機能)


デモビデオの手順を以下に解説します。

  1. 画像を開き、矩形選択ツールで明るさを調整したい範囲を選択します。調整したい範囲より少し余裕を持って選択しましょう。選択範囲をコピーして、新規レイヤーにペーストします。
  2. レベル補正やトーンカーブなど、明るさが調整できるツールで中間色を選びます。これだと写真全体の色が少し飛ぶので、特別な色だけを明るくしたい場合は、例えばレッドのチャンネルなどを選んでみてください。
  3. 明るさを調整したら、明るくする必要のない部分を、消しゴムツールやソフトブラシを使って消していきます
  4. もう少し細かく明るさを調整したい場合は、好みの明るさになるまでレイヤーの不透明度を適宜調整しましょう


以上、ほんの数十秒でできる簡単な作業です。

顔の明るさを調整する方法は色々とありますが、どんな画像エディタでも使えて、実際に画像をいじらずに調整できる方法としては、一番早くて簡単だと思います。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.