• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

admin  - ,,,  02:00 PM

仕事場探訪:扉一枚隔てているだけのウォークインクローゼットを仕事スペースに

仕事場探訪:扉一枚隔てているだけのウォークインクローゼットを仕事スペースに

110523another-closet-office.jpg


住まい選びをする際、あらかじめ決めておきたいのは希望条件の優先順位。夢をすべてかなえる部屋を予算内で探すのは、ハッキリ言って無理があります。単に収納量が豊富というだけでなく、使い道も広がるという点で、ウォークインクローゼットや大容量クローゼットのある物件はやはり魅力的です。こだわりオプションのひとつに加える価値はあると思います。

 


クローゼットを利用した、自分だけの秘密基地(ワークスペース)を作ってみませんか? と、過去にライフハッカーでは海外の実例を何度か紹介してきました。冒頭画像のように、仕事場として使うには、収納スペースの中が歩けるほど広い「小部屋」のような「ウォークインクローゼット」がオススメです

ドアを閉めればスッキリ見えなくなるのが、ウォークインクローゼット・オフィスのいいところ。見られたくない場合は、ドアを閉めればOKです。とはいえ、既に持ち家にお住まいの方や賃貸暮らしの方などは、現在の間取りの中から「仕事場にするスペース」を見つけなければいけません。

他の収納場所にしまえるものを移動し、不要品は処分してスペースを確保しようと思っても、日本のマンションなどではクローゼット(もしくは押し入れ)のスペース自体が狭いのが実情...。サイズが制限されていまうのが悩みどころです。

しかし、狭くてスペースの限られた場所、デメリットの多い環境だからこそ、工夫しがいも改造しがいもあるというもの。ご自慢のクローゼットオフィスがありましたら、ぜひ編集部まで教えて下さい。


Cole Street Traditional Home Office in San Francisco | Downsize My Space

Adam Dachis(原文/訳:kiki)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.