• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  06:00 AM

気合いを入れたい時は「仁王立ち」するといい!?

気合いを入れたい時は「仁王立ち」するといい!?

110502_PowerPose.jpg


大抵のことは「気合いで何とかなる」と思っている人もいますが、何かを意思表示したい場合、行動をそれっぽくすると、気持ちの方も実際に変わるのだとか。例えば、もっと力強くありたいと思っているなら、真っ直ぐビシッと立った方がいいそうです。

Photo by Daquella manera.

 


心と体は密接に関わっており、身体的な運動で脳の生産性は上がります。最近の研究では、スポーツとはちょっと違いますが、いわゆる「仁王立ち」のような力強いポーズは、テストステロン(男性ホルモン)を増やし、コルチゾール(ストレスホルモン)を減少させ、被験者をより強気にさせることがわかりました。David Brooks氏はこの結果について、New York Timesで「つまり、行動を変えると気持ちが変わるのだ」と書いています。

この研究で興味深いのは、女性よりも男性の方がこの「仁王立ち」ポーズをとりやすかったこと。果たして男性だからこのポースがとりやすいのか、それとも、このポーズを取るから男性ホルモンが多いのか、ニワトリが先か卵が先かのように、はっきりとはしていません。また、Brooks氏のオススメは以下です。

精神力を高めたいのなら、広い場所を取りましょう。一番良い方法という訳ではありませんが、ハンバーガーショップに行った時などに使える手です。腕を広げて脚も開いた状態で座ると、気持ちが大きくなります。

気持ちを上げたい時や気分を変えたい時は、まずは体でそれを表してみるいいようです。気合いを入れたい時には、まずは仁王立ちから始めてください。ただし、偉そうに見られて勘違いされないように、くれぐれも時と場合を考えて行いましょう。


Matter Over Mind | The New York Times

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.