• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,  06:00 AM

脳にパワーをみなぎらせるオススメ食材とは?

脳にパワーをみなぎらせるオススメ食材とは?

110513food_boost_brainpower.jpg


アタマが最近お疲れ気味...。そのような方は、食べるものをちょっと工夫するといいかもしれません。ブログメディア「Ecosalon」では、脳に効く食材を紹介しています。

Photo by Anthoney Freda.

 


米Lifehacker記事「Eight foods you should eat every day(毎日食べるべき8つの食材・英文)」では、健康のために摂るべき食材として、ほうれん草、ヨーグルト、トマト、ニンジン、ブルーベリー、黒豆、くるみ、オートムギを挙げていますが、これらは、脳にもすぐれた食材です

このほか、脳にエネルギーをチャージし、一日を支えてくれる食材として、アボカド、天然の鮭、ナッツ、種、コーヒー、ザクロ、玄米、お茶、チョコレート、牡蠣、オリーブオイル、マグロ、にんにく、卵、緑の葉野菜、トマト、カカオニブもオススメだとか。

「Ecosalon」のこちらの記事では、それぞれの食材が脳にいい理由や、食材の選び方などが述べられています。たとえば、ブルーベリーについては、次のように書かれています。

ブルーベリーは、健康にベストな食材のひとつで、脳にもとてもよいです。食物繊維が豊富なだけでなく、血糖を上げることもないので、糖尿病患者にも安心。認知症リスクの軽減とも関連があるとみられていて、マウスでの実験では、学習能力や運動能力が向上することがわかっています。さらに、抗ストレス効果のある強力な食材のひとつです。地球上で最も脳によい食材である可能性もあります。

選び方のコツとしては、ドライのものや甘味を加えたものは避けること。地元で収穫されたオーガニックのものを、旬に購入しましょう。時期が外れているときは代わりのものとして、クランベリーやぶどう、ゴジベリー、ブラックベリー、さくらんぼも、脳を高めるのに効果があります。

脳にもカラダにもよい食材を摂ることを心がけ、心身の健康の維持・向上に努めましょう!


Top 20 Best Foods for Your Brain | Ecosalon

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.