• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

maruta  - ,,,,,  08:00 PM

複数のオンラインストレージを利用した「SugarSync的」バックアップ術

複数のオンラインストレージを利用した「SugarSync的」バックアップ術

110427sugarsynclikebackup.jpg


SugarSyncは、指定のフォルダを同社のサーバーに自動アップロードするという、非常にユニークな特徴を持つオンラインストレージです。例えば、現在進行中の案件に関するフォルダを同期させれば、複数のPCで同じファイルを利用しながら作業を進められます。

 


110427sugarsynclikebackup1.jpg


ただ、このサービスは無料版では5.5GBまでしかサーバー容量を利用できません。これではとても容量が足りない! という方は、『Gladinet Cloud Desktop』をインストールしてみましょう。これに自動バックアップ機能を持つツールを組み合わせることで、『Windows SkyDrive』や『Googleドキュメント』などのオンラインストレージを、SugarSyncと同じ感覚で利用できるようになります


110427sugarsynclikebackup2.jpg


110427sugarsynclikebackup3.jpg


Gladinet Cloud Desktopのインストールの最後に「Add My Cloud Storage Account」ボタンをクリックすると、すぐにオンラインストレージのアカウントを登録する画面が表示されます。ドロップボックスから利用するサービスを指定して、次の画面でユーザー名とパスワードを入力。元の画面に戻ったら、再び「Add My Cloud Storage Account」ボタンをクリックすることで、複数のサービスを登録できます。


110427sugarsynclikebackup4.jpg


インストールが終了すると、コンピュータ画面には「My Gladinet Drive」というアイコンが作成されます。中には、サービスごとのフォルダが表示され、ここに保存したファイルがサーバーへとアップロードされるようになります。

しかし、これでは同期するファイルをいちいちコピーする必要があります。そこで、バックアップソフトを利用して、指定フォルダのファイルを自動でコピーするように設定しましょう。一定時間ごとに同期を行うソフトであれば何でも良いのですが、今回は『RealSync』を利用しました。ソフトをダウンロードしたら、まずはメイン画面で「更新」ボタンから「追加」を選択しましょう。


110427sugarsynclikebackup5.jpg


同期の設定画面が表示されたら、「更新元」を同期するファイルを保存したフォルダに、「更新先」をGladinet Cloud Desktopで作成されたフォルダに指定します。メイン画面に戻ったら、「オプション」メニューから「一般の設定」を選択し、「自動更新」を有効にしましょう。これで、指定フォルダの中身が、自動でそれぞれのオンラインストレージへとアップロードされるようになります。


110427sugarsynclikebackup6.jpg


110427sugarsynclikebackup7.jpg


この方法を利用すれば、『Dropbox』や『NAVER Nドライブ』でも、指定のフォルダの自動アップロードが可能です。ただし、RealSyncにはスタートアップ起動させる機能がないので、作成したショートカットをスタートメニューの「スタートアップ」フォルダにコピーするなどして、Windowsと同時に起動するように設定しておいた方が便利でしょう。


110427sugarsynclikebackup8.jpg


一連の作業を行うことで、サーバー容量25GBのWindows SkyDriveへの自動同期が可能になるので、筆者は進行中の案件に関するデータをまとめてバックアップしてみました。ただ、企画書などはGoogleドキュメントに、音楽や動画などは直接再生するサービスのあるDropboxに、といったように用途別にサービスを使い分けると、さらに便利かもしれませんね。夏の輪番停電は見送られる方向で動いているようですが、万が一に大停電が起きても外部にバックアップがあれば役に立ちそうです。


(丸田鉄平)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.